人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2019年1月28日

ハビ、アディオス!そしてグラシアス! ハビエル・フェルナンデス選手引退に寄せて

フィギュアスケートレポート by セルゲイ・ヴォルコフスキー
  • Line

Text by セルゲイ・ヴォルコフスキー

スペインの英雄-ハビエル・フェルナンデス

スペインの英雄-ハビエル・フェルナンデス(写真;GettyImages)

平昌オリンピック銅メダル、2015・2016年世界選手権二連覇(2013・2014年は3位入賞)、そして今回のヨーロッパ選手権での優勝を合わせて欧州選手権7連覇の偉業を成し遂げた、スペインが生んだレジェンドスケーター、ハビエル・フェルナンデスが引退した。

最後まで素晴らしいパフォーマンスと、その明るく爽やかな「ハビスマイル」で世界のスケートファンを魅了し、惜しまれながら、キャリアのエンディングを締めくくった。

ベラルーシ・ミンスクの会場のすべての観客、そしてテレビの前の多くのファンが、この演技を、この笑顔をもう見られなくなることが信じられないという想いだっただろう。

引退試合である「ミンスクの戦い」でも、何度も世界を制覇した無敵艦隊「スーパーハビ」は、数的優位のバルト艦隊を撃沈した。

プログラムはオール・スペイン。マラガ地方の民謡であるショートプログラム「マラゲーニャ」では、スペイン人ならではのフラメンコで魅せ3位につけ、フリープログラムでは「ラ・マンチャの男」を、生粋のマドリードっ子らしく、ドン・キホーテに成り切って演じ、逆転で7度目の優勝を決めた。セルバンテスも天国で拍手していたに違いない。 会場がロシアの隣国、ベラルーシ共和国のミンスクであったにも関わらず、観客は終始「ハビ」への熱い声援を送り、最後まで彼との別れを名残り惜しんでいた。

スペインといえば、闘牛、フラメンコ、そしてサッカーのイメージだが、彼はスケートに選ばれた。2008年~2011年にニコライ・モロゾフに師事していた頃は「有能な若手選手の一人」というイメージだったが、2011年にブライアン・オーサーチームに移籍してからは、メキメキと頭角を現し、洗練され、トップグループに上り詰めた。

7連覇で選手生活に別れを告げた

7連覇で選手生活に別れを告げた(写真;GettyImages)

太陽のように明るい笑顔の印象のフェルナンデスは、表立って闘志を剥き出しにすることはなかったが、その笑顔の奥で確固たる勝利への闘志を滾らせていた。非常にクレバー、かつ若手スケーターに優しくアドバイスしたりする温かい心の持ち主で、世界中のファンだけでなく、選手達にも愛される選手だった。

今大会銅メダルのマッテオ・リッツォやダニエル・グラッスル、ケヴィン・エイモズなどのニュージェネレーションのヨーロピアンスケーター達にバトンを渡して、笑顔で現役生活に別れを告げた。

今後については、現役復帰の予定はなく、コーチ業と自らがプロモートするショーに専念するそうだ。 最後は、ハビエル・フェルナンデス・ベスト・セレクションで、「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「チャーリー・チャップリン・メドレー」、「エルヴィス・プレスリー・メドレー」等々、みなさんとそれぞれのお気に入りのプログラムに思いを馳せながら、彼にお別れと感謝を伝えたい。

ハビ、アディオス!そしてグラシアス!

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧