人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2018年12月27日

ロシアフィギュアスケート選手権男子シングル

フィギュアスケートレポート by セルゲイ・ヴォルコフスキー
  • Line
<試合後記>

Макс молодец! (マックス マラジェツ!(マックスよくやった!))。男子シングルについては、この一言に尽きるのではないだろうか。

大会前、一体誰がマキシム・コフトゥンの優勝を予想出来ただろうか(コーチのエレーナ・ボドレゾワ、アレクサンドル・ウスペンスキーだけかもしれない)。

マキシム・コフトゥン選手

マキシム・コフトゥン選手

大胆なタトゥーや言い訳が多い言動、試合に向かう飛行機に乗り遅れたり、おバカなラジオに出てはしゃいでみたりと、最近の彼は、ロシアではダメ男のイメージが先行していたが、今回の優勝で「あいつはもう手遅れだ」と言う人たちに一発かまして見せた。

スケート連盟や世間の顔色を伺うお利口さんの選手が多い中で、マキシムは異色の存在だが、実際の彼は、ナイーブで自分に正直に今を生きる、とってもいい奴(!)だ。 昨年のロシア選手権後「地獄」を見たマキシムは、フィギュアスケート界のセルゲイ・ポルーニン(ヌレエフの再来と謳われる天才バレエダンサー)のようだ。「空気を読む」なんていう言葉は彼等の辞書には無いだろう。既存の枠などに囚われることなく、これからも自由に羽ばたいてほしい。

ミハイル・コリヤダ選手

ミハイル・コリヤダ選手

純情で一途な愛に悩み葛藤にするフリーのカルメンは、マキシムにうってつけのプログラムだったが、一方、二連覇中のミハイル・コリヤダも、「コリヤダスタイル」のカルメンを見せてくれた。

副鼻腔炎を拗らせて大会直前に入院し、出場が危ぶまれたが、流石ロシアのエース、酷しい状況にあっても、いつも通りシャープな滑りで健闘し2位、本人も安堵、納得の結果となった。

  • Line

J SPORTSでは全種目放送! J SPORTSオンデマンドでは先行LIVE配信!

常に日本とトップ争いを繰り広げてきているフィギュア大国、ロシア。 ロシア代表の座を争う今大会は、世界で一番、華麗かつ過酷な戦いが繰り広げられること間違いなし! J SPORTSでは全種目放送! J SPORTSオンデマンドでは先行LIVE配信!

詳しくはこちら

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧