人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2018年12月11日

【フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋】町田樹さん 前編

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

フィギュアスケートファンの“もっと選手の素顔を知りたい!”という熱い想いに応えるべくスタートした、「フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋」2018/2019シーズン!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、ゲストを迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!
今回のゲストは、2014年の全日本選手権で競技からの引退を発表し、2018年秋のアイスショーをもってフィギュアスケート「実演家」から引退。現在は2つの大学で非常勤講師を務めるとともに、早稲田大学大学院にてスポーツマネジメントについて研究を重ねる町田樹さんが登場!

——おお、町田く~ん、お久しぶりです。かっこいいね!これ私服?

町田:ありがとうございます。私服ですね。

——すごい。衣装さんの服みたいな感じで。ネクタイも自分で選んだの?すごくシックな感じ

町田:はい、自分で。最近は普段もフォーマルなんですけど、その中にも今日はちょっと遊び心を取り入れてみました。

【KENJIの印象と関係性】

町田:誰に対してもとてもフランクな方であるという印象ですね。私の性格とはちょっと対照的なんですけど。でもまあそういうお人柄もあって、スケーターの皆さんから慕われているんだと思います。かつて、ショートプログラムである「黒い瞳」と、エキシビションナンバーである「ロシュフォールの恋人たち」という素晴らしいプログラムを振り付けてくださいました。

【どんな話をしたい】

町田:実はですね、そのプログラムを振り付けていただいたのが2011~12年の話なんですけれども、それ以来個人的にお話ししたことは一度もないんですよね。なので今日初めてKENJI先生と深くお話ができるとのことなので、ずっと楽しみにしてきました。お互い振り付けを行う者ですので、フィギュアスケートの振り付け論ですとか、現行の競技ルールについて議論ができたら嬉しいですね。または、KENJI先生はかつてアイスダンスの実践者でもあった方なので、アイスダンスを取り巻く日本国内の環境についてぜひお話を伺いたいです。

プロスケーターを引退した現在

——改めまして、ゲストの町田樹さんです。よろしくお願いします

町田:よろしくお願いします。

——今日はこれからちょっといろんな話をしていきたいと思うんですけど

町田:ほんとに楽しみにしていました。

——ほんと?トーク番組って出たことあるん?

町田:ほとんどないですね~。

——ほとんどないの?じゃあ今日は初めてっていうことで

町田:ほぼ、初めてだと思います。ま、日常生活の中でいろいろな人と対話することは多いですけど、番組としては初めてですね。

——ああ、そうなんや。じゃあえっと、町田くんは、この10月でスケーターとしての引退をされたわけですけれども、今は何をされてるんですか?

町田:今は早稲田大学大学院で、研究生活をしています。

——研究?何の研究?

町田:音楽を使って身体表現をするスポーツを「アーティスティック・スポーツ」と銘打っていまして、このスポーツのマネージメントの研究に取り組んでいます。

——じゃあやっぱりスケートっぽい感じはするよね

町田:そうですね。フィギュアスケートや新体操、アーティスティック・スイミングみたいなスポーツの研究に取り組んでいます。

——そうなんや、演技のほうの、表現だ。じゃあいろいろ忙しくしてそうなんですけども。スケーターとして最後の演技となった10月のカーニバル・オン・アイスを見たんですが、長い時間だったんだけどすごく見れて感動的だったんやけども。その後のコメントで「スケートをブームじゃなくて文化にして欲しい」っていう言葉を聞いたときに、俺インストラクターみんなと見てたんだけど、もう拍手が起こったね、やっぱり

町田:ああ、嬉しいです。

——素晴らしい言葉。人前でああいうことを言ってもらえるっていうのは

町田:いや私も、ああ言ったからには、今後の活動を通して、フィギュアスケートをブームでなく文化に変えていくことに対して貢献できる人間になっていかなきゃいけないなと思っています。

——それはでも、変な言い方やけど、責任かもしれへんね。やっぱりトップスケーターやったし

町田:25年間スケーターとしてのキャリアを歩ませてもらったんですけれども、いろいろなことを学ばせていただきましたし、自分自身を成長させてくれたフィギュアスケートですから、今度はそこに還元していく、恩返しをしていく立場になっていくと思います。

  • Line

12月に町田樹のエピソードを放送!オンデマンド配信も!

【町田樹 前編】12月11日(火)午後10:00 -
【町田樹 後編】12月18日(火)午後10:00 -

フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋
フィギュアスケートを”文化”にまで昇華したいと真摯に語る町田さんは、宮本さんからの「フィギュアスケーターにとって最も必要な素質は?」という質問に対して、「技術を磨き続けることのできる職人気質、あくなき探求心とともに、表現力を磨くための知的感性、そして一発勝負に臨む勝負師としての心構え」と答え、宮本さんと熱いフィギュアスケート論を交わします。

詳しくはこちら

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧