人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2018年1月4日

全米フィギュアスケート選手権 ペアの見どころ

フィギュアスケートレポート by ウェイ・ション
  • Line

アメリカのペアスケーティングのオリンピック枠は残念ながら1枠しかない。それに、過去4年で全米選手権を優勝したのは、なんと、それぞれ違う4組だった。この1つしかない枠を獲得するために、混戦が展開される予想だ。

アレクサ・シメカ・ケネリム/クリス・ケネリム組

アレクサ・シメカ・ケネリム/クリス・ケネリム組

アレクサ・シメカ・ケネリム/クリス・ケネリム組

最有力候補は2015年の王者アレクサ・シメカ・ケネリム/クリス・ケネリム組であろう。ソチ・オリンピックからの4年間、二人はけがに悩まされながらも、グランプリファイナルへ進出を果たし、四大陸の表彰台に登り、3年連続世界選手権10位以内に入るなど、アメリカのペア選手の中で最もよい実績を残している。技術面においては4回転ツイストリフトという数少ないペアしかできない大技を持っており、芸術面においても夫婦である二人ならではの愛情あふれる表現で2つのプログラム、「ムーラン・ルージュ」と「ゴースト」のストーリーを演じ、バランスのよいペアだ。ただし懸念は、サイド・バイ・サイド・ジャンプが安定しておらず、プログラムの序盤でミスをすると残りの完成度にも影響が出やすいという点だ。「オリンピック・シーズンになると、選手たちはみんな重圧を感じている。でも悔いが残らないように、完璧な演技をして、夢を実現したい」とアレクサが言ったが、今大会で実力を出し切って、完璧なパフォーマンスができれば、念願の五輪出場を果たせるであろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧