人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年2月1日

ISU欧州フィギュアスケート選手権 2017 女子シングル レビュー

フィギュアスケートレポート by 植田広美
  • Line

優勝候補のエフゲーニャ・メドヴェージェワを筆頭に、3年連続でロシア勢の表彰台独占となるか、2シーズンぶりの復帰となるカロリーナ・コストナーがそれを阻むか、注目が集まった今年の女子シングル。SP(ショートプログラム)では1位〜4位までが70点を超えるというハイレベルな闘いで幕を開けると、FS(フリースケーティング)でも、PB(自己ベスト)スコアを出す選手が続出。さらには、メドヴェージェワの圧巻の演技に世界歴代最高得点更新という記録までついて、会場を大いに沸かせた。

1位 エフゲーニャ・メドヴェージェワ/229.71 (SP:78.92/1位、FS:150.79/1位)

まさに、圧巻だった。SP、FSともに、GOE(出来栄え点)プラスがズラリと並ぶプロトコル(採点表)。スピン、ステップのレベル4は当然のごとく、失敗する気配のないジャンプ、表現力あふれるスケーティングで、彼女の世界へ観客を引き込んだ。PCS(演技構成点)で10点満点をつけたジャッジも出たFSでは、自身が持つ世界最高得点を更新。ひとり別次元の演技を見せたメドヴェーデワ。トータルスコアでもこれまで韓国のキム・ヨナが保持していた世界歴代最高得点を7年ぶりに破った。これでSP、FSと併せ、すべての最高得点ホルダーとなり、あっさりと欧州選手権2度目の優勝を決めた。しかしそれだけで終わらないのが彼女らしい。余分なコンビネーションジャンプを跳んで基礎点を下げてしまったが「ちょっと普通じゃないことをしたかった」と笑い飛ばした。攻め続ける絶対女王は未だ進化の途中だ。

2位 アンナ・ポゴリラヤ/211.39(SP:74.39/2位、FS:137.00/3位)

今季のポゴラリヤは本当に強い。ジャンプの安定感、手足の長さを生かしたエレガントでダイナミックなスケーティングは、新たなステップに上った彼女を印象づけた。SPではノーミスの演技でPBを更新。その勢いで挑んだフリーは、冒頭のコンビネーションジャンプが単独となるものの、その後しっかりリカバリー。細かいミスもあったが、勝ちに対する貪欲さを見せ、銀メダルをもぎ取った。ソツコワを超えてロシアチームの2番手となり、ロシア選手権のリベンジも果たした格好だ。ファッショナブルでゴージャスな衣裳もポゴラリヤの魅力。今回も彼女の笑顔と相まって、リンクに大きく咲いた花のようだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ