人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年1月25日

全米フィギュアスケート選手権 女子シングル レビュー

フィギュアスケートレポート by 植田広美
  • Line

数あるウィンタースポーツイベントの中でも、全米フィギュア選手権の注目度は別格。多くの観客が今年の覇者を目撃するために駆けつけ、会場となったカンザスシティのスプリントセンターは熱気に包まれた。まずは、新女王の誕生など、エキサイティングな結果となった女子シングルから振り返る。

1位 カレン・チェン/214.22(SP:72.82/1位、FS:141.40/1位)

若干17歳のカレン・チェンが、いきなり全米女子シングル、SP(ショートプログラム)歴代最高点を叩き出すというエキサイティングな幕開けを、誰が予想しただろうか。チェンはそのままの勢いでFS(フリースケーティング)もしっかりまとめ、完全優勝での全米新女王となった。SPの冒頭、高さのある3ルッツ-3トゥループのコンビネーションジャンプを完璧に決め、そこからは映画『黄昏』の音楽にぴったりとはまる優雅なスケーティングで、一気に彼女の世界へ観客を引き込んだ。それはFS『タンゴジェラシー』でも同じ。ポジションの美しいスピン、ゴージャスなスパイラルでは大きな拍手が起こる。終わってみれば 各エレメンツはレベル4、ジャンプもすべてに加点のつく圧巻の演技。優勝を目前にしても固くなることもなく、余裕すら感じる表情は、積み重ねて来たハードな練習からの自信だろう。「弱点がない」「とにかくゴージャス」と現地の解説が熱くなるのも納得。今回の振り付けは元シングルスケーターのジョナサン・カサーだが、チェン本人も関わっているという。曲の解釈、表現力に光るものを感じるのはそんな彼女の芸術性によるものか。今回、アメリカは、可能性をたっぷり秘めた新女王の誕生を目撃したのだ。

2位 アシュリー・ワグナー/211.78(SP:70.94/3位、FS:140.84/2位)

2012年、2013年、そして2015年と、3度の全米女王に輝いているアシュリー・ワグナー。25歳という年齢のことばかり話題にされることにうんざりしている様子だが、それも当然。つねにトップ争いのまっただ中にいるのだから。2008年、セントポールで開催された大会で3位となって以来、なんと全米のメダル獲得は9回目。「戦後最も年長の女子メダリスト」と記者会見でいじられても、「16歳で銅メダルを獲ってから10年、今もここに座っていることを誇りに思う」と見事に切り返した。今回のSPでは、ユーリズミックスの『Sweet Dreams』に合わせ、ビートの効いたダンサブルな演技を披露。冒頭の3フリップ-3トゥループをクリーンに決め、会場を沸かせた。FSでも終始、自信に満ちたパフォーマンスでメンタルの強さを見せつけた。勝負どころでしっかりと決める――それこそが経験豊かなベテランの魅力と言える。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧