人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年1月26日

【ISU欧州フィギュアスケート選手権 2017 アイスダンス プレビュー】「アイスダンスの未来」「別次元の演技」と評されたガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組の演技はダンスファンならずとも必見!

フィギュアスケートレポート by 植田広美
  • Line

優雅で美しいアイスダンスは、ヨーロッパではとくに人気の高い競技。厳しい競争を勝ち抜いてきたペアが集まる欧州選手権は、ハイレベルの闘いが見どころ。

優勝候補筆頭は、欧州選手権、世界選手権ともに2連覇中という、圧倒的な強さを示すガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組だ。どこまでも滑らかで音楽的なスケーティング、どこをとっても高難度のエレメンツ。各国の解説者に「アイスダンスの未来」「別次元の演技」とまで賞賛されたその演技は、ダンスファンならずとも必見。GPF(グランプリファイナル)では細かなミスが出て2位に甘んじたものの、今大会にはきっちりと修正して臨んでくるだろう。

どちらかというと女性に注目が集まりがちなアイスダンスで、しっかりと男女2人の存在感をアピールできるのが、イタリアのアンナ・カッペリーニ /ルカ・ラノッテ組。FD(フリーダンス)の『ライムライト』で見せるユーモラスで情感溢れるパフォーマンスは、これぞこのコンビの真骨頂。会場を一気にその世界に引き込むだろう。昨年の欧州選手権の銀メダリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧