人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年1月19日

【全米フィギュアスケート選手権 2017 ペア プレビュー】昨年王者のタラ・ケイン/ダニエル・オシェイ組は連覇を目指す

フィギュアスケートレポート by 植田広美
  • Line

ペア競技としては世代交代や度重なる選手の故障などによって、世界の舞台から遠ざかっていた感のあるアメリカチーム。ここにきて一気にレベルアップ、頭角を現して来たペアがいくつも見えるのはうれしいところ。実力者、アレクサ・シメカ・ケネリム/クリス・ケネリム組が棄権となり、金メダル争いが面白くなって来た。平昌五輪に向け、強いアメリカの復活のカギを握る、ペアの活躍が期待される。

昨年のチャンピオン、タラ・ケイン/ダニエル・オシェイ組は連覇を狙う。ケインの膝の故障が不安視されるなか、昨年のNHK杯では4位となった。さらに全米に向け調子を上げて来ており、本人たちの意欲も満々。バリエーションのあるリフト、難易度の高いトランジッションなど、加点をもらえる演技でトップを目指す。

昨シーズン、故障によりグランプリシリーズ(GPS)へのエントリーを見送ったヘイヴン・デニー/ブランドン・フレイジャー組。2015年のスケートアメリカで準優勝するなど、復帰後から安定した成績を残している。安定感のあるダイナミックなジャンプ、パワフルなパフォーマンスが持ち味。マリナ・ズエワ振り付けのフリースケーティング(FS)では、繊細な表現も加わって、さらに深みのある演技となっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧