人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年1月20日

【全米フィギュアスケート選手権 2017 アイスダンス プレビュー】アイスダンス王国アメリカ勢の熾烈な争い!昨年の全米覇者マイア・シブタニ/アレックス・シブタニ組が優位か?

フィギュアスケートレポート by 植田広美
  • Line

今年の全米選手権で最もエキサイティングな闘いを楽しみたいなら、アイスダンスは必見だ。昨年のグランプリファイナル(GPF)に出場したトップ6のうち、なんと3組がアメリカ勢。アイスダンス王国の称号は今やこの国のものになりつつある。波に乗っている彼らが国内に場所を移し、再び火花を散らす。なかでも、昨年の全米覇者であり、今季は表彰台を逃していないマイア・シブタニ/アレックス・シブタニ組の好調ぶりに注目したい。また、後塵を拝することとなったマディソン・チョック/エヴァン・ベイツ組も、本来の滑りを見せれば、その実力どおりトップに躍り出る可能性も。安定感が増し、GPFではアメリカの二番手となったマディソン・ハッベル/ザカリー・ダナヒューも上記2組にとって怖い存在だろう。

マイア・シブタニ/アレックス・シブタニ組の快進撃が止まらない。直近のGPFでもショート、トータルでパーソナルベスト(PB)を叩き出し、圧倒的な存在感を見せた。昨年の全米で念願の優勝を果たし、2連覇がかかる今回だが、テクニックに加え、表現力でも成熟を感じさせる今の彼らに不安はない。同門の、長くアイスダンス界を牽引してきた絶対王者、メリル・デイビス/チャーリー・ホワイト組の流れを汲む優雅で上品な滑りは、今回もアメリカのみならず多くのフィギュアファンの心を掴むだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧