人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2016年10月14日

【田村岳斗×佐々木彰生】 VOL.2:女子のジュニアGPの選考会はすごい事になっている!

フィギュアスケートーーク by J SPORTS 編集部
  • Line
フィギュアスケートーーク 田村岳斗×佐々木彰生

門下の選手である、全日本選手権2連覇中の宮原知子選手、世界ジュニアを制した本田真凜選手、ジュニアGPシリーズ優勝経験のある白岩優奈選手、トリプルアクセル+トリプルトウループを跳ぶ紀平梨花選手。今シーズンの躍進が期待される伸び盛りの4選手について、田村岳斗コーチから、率直なコメントをいただきました。

佐々木:今、岳斗先生が指導している選手はたくさんいると思いますが、その中でも活躍している宮原選手、本田真凜選手、白岩選手、紀平選手はどんな感じですか?

フィギュアスケートーーク 田村岳斗×佐々木彰生

田村:宮原は後輩たちにすごくいい影響を与えている。おかげで僕たちコーチ陣もすごく助かっているところがある。今までいろいろなところで聞かれて、その度に言っているけど宮原は本当に努力家。彼女の才能をひとつ挙げるとしたら、それは人の話を聞く事の重要さを、子どもの頃からわかっていたという点。彼女は成績が出るようになっても、今までとまったく変わらない。最初はそんなに思わなかったけれど、少しでも一緒にリンクにいると、すごい集中力を持っている事がわかる。

佐々木:宮原選手は、そんなにすごいですか?

田村:努力という言葉だけでは片付けられない。イチローさんのように偉業を達成する人や、メダリストたちは、才能だけでそこまでたどり着いたわけではなく、確かな技術を習得するための努力、我慢、根性の比重がほとんどだと思います。宮原と初めて会ったのは彼女が7歳の時だけど、その時から変わらず努力し続けている。ただ僕が勘違いしてはいけないのは、みんなが宮原みたいな選手だと思ってはいけないという事。それぞれの選手に長所、短所はあります。他の子にそれを求めすぎてもよくないと思います。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧