人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2011年1月26日

【フィギュア欧州選手権】みどころ vol.3 予選システム

フィギュアスケートレポート by 宮本 あさか
  • Line

昨年までは、前年大会の結果に基づいて各国出場枠が決められ(最大3枠まで)、各国代表としてエントリーした選手全員がショートプログラムへの出場権利を有していた。例えば2010年欧州選手権の女子シングルスには42選手がエントリーし、41選手がショートプログラムへ参加(1選手は棄権)。ショートプログラムの上位20選手が、フリースケーティング出場の権利を手に入れた。

ところが2011年からは、欧州・四大陸・世界選手権において予選システムが導入される。ショートプログラム(アイスダンスではショートダンス)の滑走権利を手に入れるためのセレクションが行われるのだ。

今回の欧州選手権における男女シングルスのショートプログラム枠は28。ただし28枠全部が予選で争われるのではない。18選手にはダイレクトにショートプログラム出場権が与えられ、残す10枠が予選で争われる(注:今大会は男子で1名棄権がでたため、直接17選手+予選11選手)。またフリープログラムへ進出できるのは、男女シングルスともに24選手ずつ。

各国の大会エントリー枠自体は、昨年までと同じ方式で定められた。例えば男子シングルで最大の3枠を手に入れたのはフランスとスイスで、それぞれ3選手ずつ欧州選手権にエントリーしている。

気になるショートプログラムへ直接選手を送り込む権利(18枠)は、2010年欧州選手権の上位18位の国籍配分が採用された。例えば昨大会ジュベール3位、ポンセロ7位、プレオベール9位と、トップ18に3選手を送り込んだフランスは、2011年大会のショートプログラム直接出場枠「3」を手にした。おかげでフランス代表3選手は、3選手全員が予選を回避。一方のスイスで昨季トップ18に入ったのは、2位ランビエールの1選手だけ。つまりスイスは1選手だけが直接ショートプログラムへ、2選手は予選へまわらなくてはならない。予選は24日(月)・25日(火)に行われる。

※エントリーメンバー・予選結果等は、ISU公式ページでご確認ください。

宮本あさか

宮本 あさか

みやもとあさか。パリ在住のスポーツライター・翻訳者。相撲、プロレス、サッカー、テニス、フィギュアスケート、アルペンスキーなど幼いときからのスポーツ好きが高じ、現在は自転車ロードレースの取材を中心に行っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ