人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2008年10月27日

男子の小塚が初優勝=女子SPは安藤2位、中野3位-スケートアメリカ

フィギュアスケートレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

【エバレット(米ワシントン州)25日時事】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ第2日は25日、当地で行われ、男子で小塚崇彦(トヨタ自動車)が初優勝を果たした。ショートプログラム(SP)3位の小塚は自由演技で146.08点をマークして1位となり、合計226.18点で逆転。自身初、日本男子では4人目のGPシリーズ制覇となった。SP2位のジョニー・ウェアが2位、SP首位のエバン・ライサチェク(ともに米国)は3位。

 女子のSPは安藤美姫(トヨタ自動車)が57.80点で2位、中野友加里(プリンスホテル)は57.46点で3位につけた。金妍児(韓国)が69.50点で首位に立ち、日本人の両親を持つ15歳の長洲未来(米国)は4位。

 ペアはアリョーナ・サブチェンコ、ロビン・ゾルコビー(ドイツ)組が制し、井上怜奈、ジョン・ボルドウィン(米国)組は5位。アイスダンスはオリジナルダンスを終え、イザベル・デロベル、オリビエ・シェーンフェルダー(フランス)組が首位を守った。 

◇小塚崇彦の略歴  小塚 崇彦(こづか・たかひこ) トヨタ自動車所属、中京大在学中。5歳からスケートを始め、05-06年に全日本ジュニアを制し、ジュニア・GPファイナル、世界ジュニアでも優勝。昨季は全日本選手権2位、初出場の世界選手権で8位。父嗣彦さんは68年グルノーブル五輪代表。170センチ。愛知県出身。19歳。
(時事通信)

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局

同志社スポーツアトム編集局は1978年に創刊された同志社大学唯一の体育会機関紙です。年6回の本紙の発行を軸に、号外の発行やHPの管理などをすべて学生の手で行っています。
公式サイト Twitter→@atom_doshisha

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ