人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2007年3月24日

【フィギュアスケート】世界選手権 女子SP1位はキム・ヨナ

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line

3月23日に行われた世界選手権女子シングルのショートプログラム(SP)。キム・ヨナ(韓国)の得点が出たとき、東京体育館は歓声とともに、どよめきが起こった。表示された得点は71.95、女子SPの世界最高得点。キムは最終組の1つ前、全体の36番目に滑走。ノーミスで演技を終え、首位に立った。今シーズン、シニアデビューしたキムは、12月のグランプリファイナルで、浅田真央、安藤美姫を抑え優勝。しかし、その後の腰痛で不安視されていた中での、見事な演技だった。

2位につけたのは安藤美姫。全日本選手権で肩を負傷し、調整の遅れが心配されたが、最初に3回転ルッツ+3回転ループの難しいコンビネーションジャンプを決め、67.98の自己ベストをマークした。3位には今季の欧州選手権で優勝しながら、世界ランキングが19位のため、29番目と早い滑走となったカロリーナ・コストナー(イタリア)。

4位には昨年の世界選手権女王で、今季の全米選手権と四大陸選手権で勝ったキミー・マイズナー(アメリカ)が入り、上位陣に今シーズンのチャンピオンが顔を並べた。そして全日本を制し、期待された浅田真央は3回転のコンビネーションジャンプで、2つ目のジャンプが1回転となる失敗。自己ベストの69.50に遠く及ばない61.32に終わった。キムとは10.63の大差がついたものの、25日に行われるフリーでの巻き返しに期待したい。また、中野友加里は7位に入っている。

■女子シングル ショートプログラム結果 1位 キム・ヨナ(71.95) 2位 安藤美姫(67.98) 3位 カロリーナ・コストナー(67.15) 4位 キミー・マイズナー(64.67) 5位 浅田真央(61.32) 6位 エミリー・ヒューズ(60.88) 7位 中野友加里(60.62)

■女子シングル フリー滑走順(全24選手) 18番 中野友加里(SP7位) <最終組> 19番 カロリーナ・コストナー(SP3位) 20番 エミリー・ヒューズ 21番 キム・ヨナ(SP1位) 22番 浅田真央(SP5位) 23番 キミー・マイズナー(SP4位) 24番 安藤美姫(SP2位)

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ