人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2024年2月5日

【ハイライト動画あり】クロスボーダーラグビー2024はスーパーラグビーが快勝スタート。サンゴリアス、序盤に受けに回ってブルーズに完敗

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

 

リーグワン4強がスーパーラグビーチームと対戦するクロスボーダーラグビー2024は、2月3日(土)、秩父宮ラグビー場で第1戦が行われた。東京サントリーサンゴリアスがニュージーランドのブルーズと対戦。僅差勝負が期待されたが、13,278人の観衆の前で実力差を見せつけられる結果になった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

今季のスーパーラグビーは、2月23日開幕。ブルーズにとってはプレシーズン3連戦の初戦にあたることもあって、勢いのある若手主体の編成だった。リーコ・イオアネケイリブ・クラークなど数名のニュージーランド代表選手は同国ラグビー協会の規定で出場がかなわなかった。選手を常にベストのコンディションでプレーさせるための試合時間のコントロールである。

一方のサンゴリアスも、リーグワンでの負傷者、コンディション調整が必要な選手が多く、堀越康介キャプテン、山本凱中村亮土尾崎晟也ら主力が不在。試合直前の練習で先発予定のWTB仁熊秀斗が負傷し、急きょ河瀬諒介が出場するアクシデントもあった。しかし、田中澄憲監督は、この試合を「サンゴリアスの公式戦として扱い、キャップのつく試合と位置づけました」と、チームとして重要視していると強調した。

12時、ブルーズSOスティーブン・ペロフェタのキックオフで試合は始まった。立ち上がりはブルーズの怒涛の連続攻撃でサンゴリアスが圧倒される。前半4分、ゴール前のラックからLOサム・ダリ―にねじ込まれると、9分、HOカート・エクランドに右コーナーに飛び込まれた。サンゴリアスの自陣での反則、タックルミスが招いた失点だった。15分にもトライを奪われたサンゴリアスがようやくスピーディーな連続攻撃を披露したのは、前半20分あたり。今季加入のアルゼンチン代表SOニコラス・サンチェスが足を痛めながらも果敢にディフェンスのギャップをつき、オフロードパスを決めるなど懸命に流れを引き寄せる。

松島幸太朗(東京サンゴリアス)

前半30分、サンゴリアスはブルーズ陣深く入ったラインアウトからモールを組み、押しきれないとみるやBKが右オープンに展開。サンチェスの背後からWTB江見翔太がライン参加し、FB松島幸太朗につないでトライを返す。松島のステップ、スピードはディフェンスを翻弄し、連続アタックでディフェンスを崩しかけるシーンは多かった。しかし、ブルーズのリアクションが早く、なかなかゴールラインを越えることができない。19-7とブルーズリードで迎えた後半も、3分、6分とブルーズに連続トライされ、主導権を握ることはできなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ