人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年7月4日

【ハイライト動画あり】劇的ドロー決着の京産大×天理大をはじめ、熱戦の連続となった最終節。関西大学春季トーナメントレビュー

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

京都産業大学 vs. 天理大学

関西の大学ラグビーは今年も間違いなくおもしろい。多くの人がそう確信したはずだ。

5月中旬に開幕した関西大学春季トーナメントは、7月2日、3日に最終節を迎えた。天理親里ラグビー場を舞台に行われた上位8校による4試合は、いずれも気迫のこもった好ゲームに。スタンドがどよめくようなビッグプレーも数多く飛び出し、秋のリーグ戦、さらにはその先の大学選手権に向けて、楽しみが広がる2日間となった。

何といっても白熱したのは、昨季23シーズンぶりに関西王者となった京都産業大と、2年ぶりの覇権奪回を期す天理大が激突した決勝だ。ゲームは序盤からお互い積極的にボールを動かして攻め合う展開となり、開始5分に京産大がWTBシオネ・ポルテレ(13番のジャージーで出場)のトライで先制。しかし天理大も12分に相手ボールのスクラムを押し込んでボールを奪うと、そのままFWで近場を押し切って5-5に追いつく。

その後も留学生のパワフルな突進を起点にそれぞれがチャンスを作り出し、京産大が22分にFB竹下拓己のPG、30分にWTB高井良成のトライで加点すれば、天理大も38分にNO8パトリク・ヴァカタが圧巻のストライドでライン際をブレイクして左コーナーに飛び込む。さらにお互い1本ずつトライを加えて、19-18と天理大の1点リードで前半を折り返した。

一進一退の流れは後半も続き、46分に天理大が持ち味のスピーディーな連続攻撃からCTB上野颯汰がゴールラインを越えて24-18としたが、京産大も58分にWTBポルテレが豪快な走りで左サイドを走り抜け、すかさず詰め寄る。63分には途中出場の北山絢大がPGを決め、京産大が26-24と逆転。拮抗した状況のまま、試合は残り15分の勝負どころに突入した。

消耗で体力が限界に近づく中、ここで先にスコアを挙げたのは天理大。NO8ヴァカタのビッグゲインで一気にゴール前に迫ると、FWが一丸となってラックサイドをねじ込み、31-26とふたたび前に出る。しかし京産大も意地を見せ、83分にキックパスを受けたWTB高井がタックラーを振り切ってフィニッシュ。コンバージョンは惜しくも外れたものの、土壇場で31-31の同点に追いつき、そのままノーサイドで両校優勝という劇的な結末を迎えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ