人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月30日

【ハイライト動画あり】初代王者は埼玉ワイルドナイツ 東京サンゴリアスをノートライに抑える

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

 

アグレッシブに攻撃を仕掛ける東京サンゴリアス(東京SG)か、堅守速攻の埼玉ワイルドナイツ(埼玉WK)か。好対照の2チームによる決勝戦は期待通りの僅差勝負となった。2022年5月29日(日)、真夏のような日差しが降り注ぐ国立競技場には今季最多の33,604人の観衆が訪れた。午後3時7分、東京SGのFBダミアン・マッケンジーのキックオフで熱戦の幕が開いた。序盤は地域を進めるキックの応酬となる。東京SGはマッケンジー、SO田村煕、埼玉WKはSO山沢拓也、WTB竹山晃暉、FB野口竜司が慎重に相手陣深くへのキックを繰り返す。

前半6分、マッケンジーが先制PGを決めれば、14分には山沢がPGを返し、3-3の同点。埼玉WKのFLラクラン・ボーシェーが得意のジャッカルを決めると、東京SGもPR垣永真之介のジャッカルで会心の笑顔。一進一退の攻防の中で、先にトライを奪ったのは埼玉WKだった。前半28分、東京SG陣中盤の右ラインアウトから左オープンに展開し、CTBハドレー・パークスが縦突進。ここでできたポイントから、さらに左へ。SH内田啓介が山沢を飛ばしてCTBディラン・ライリーにパスし、ライリーは左斜めに走って、東京SGのCTB中村亮土サム・ケレビの2人を引き付けて野口にパス。抜け出した野口からWTBマリカ・コロインベテにボールが渡って両チーム初のトライが生まれた。山沢のゴールも決まって、10-3。

後半32分、埼玉WKのコロインベテがインゴールに駆け込み、トライが決まったかと思われる場面があったが、ボールのつなぎの中でノックオンがあったという判定でトライキャンセル。埼玉WKは前半11分にもライリーのラストパスが映像判定でスローフォワードとされ、トライできていなかった。ディフェンスを崩すシーンは埼玉WKのほうが多かった。

 

対する東京SGは、埼玉WK得意のインターセプトをされないように短いパスを使ってボールキャリアーが力強く前進しチャンスを作った。もっとも惜しかったのは、前半39分、マッケンジーがゴールラインに迫ったときだ。連続攻撃の最後にマッケンジーがタックルを振り切ったかに見えたのだが、山沢が持ち前の俊足を生かして追いかけ、ゴール直前でマッケンジーの足を右手で抱え、同時にボールを持つ左手を触った。直後、マッケンジーの左手からボールがこぼれ落ちる。トライが決まっていれば同点になった可能性があり、とてつもなく大きなトライセービングタックルだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ