人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月30日

【ハイライト動画あり】誇り高き80分。スピアーズ船橋・東京ベイ×ブレイブルーパス東京、リーグワン3位決定戦レビュー

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

 

クラブとしての矜持を示す舞台。それが3位決定戦だ。優勝への道が途絶えた直後の失意の中で迎えるシーズンのラストマッチ。だからこそそこでのパフォーマンスにこの1年の歩みの真価は現れる。リーグ戦3位のクボタスピアーズ船橋・東京ベイと同4位の東芝ブレイブルーパス東京が激突した記念すべきリーグワン初年度の3位決定戦は、随所に両者の意地とスピリットが立ち上る誇り高き80分となった。

序盤からあらゆる局面で小細工なしの真っ向勝負が繰り広げられたこの試合。先にペースをつかんだのは、3月19日のリーグ戦第10節で28-43と敗れているブレイブルーパスだった。攻守とも迷いなく前に出て体を当てるおなじみのスタイルで勢いに乗ると、開始7分にラインアウト起点の連続攻撃から右大外のスペースを崩し、WTBセタ・タマニバルがこの日最初のトライを挙げる。

11分にはキックの応酬から、いい位置でボールをキャッチしたタマニバルが左ライン際をカウンター。SH高橋昴平のサイドアタックは止められたものの、奪われかけたボールがふたたび高橋の手に入り、サポートについたSO松永拓朗があざやかなスピードでポスト下へ駆け抜ける。コンバージョンも決まってリードは12-0に広がった。

バーナード・フォーリー(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)

ブレイブルーパスの推進力に差し込まれる時間が続いたスピアーズも、ここから反撃に転じる。まずは18分、自陣10メートル付近のマイボールスクラムでプッシュをかけると、SOバーナード・フォーリーが飛び出してくる相手ラインディフェンスの裏へ絶妙のキック。追いかけたCTBライアン・クロッティが見事にバウンドに合わせてキャッチし、外のFBゲラード・ファンデンヒーファーへとつないで仕留め切る。27分にはラインアウトのスティールからBKに展開して一気にゴールラインへ迫り、テンポよく攻め続けてWTB山崎洋之がフィニッシュ。12-12と試合を振り出しに戻した。

33分過ぎにはブレイブルーパスがスクラムの真上でパスを通す驚きのサインプレーでチャンスを作り、SO松永のPGで15-12とふたたび勝ち越す。しかしスピアーズも続くキックオフでプレッシャーをかけてマイボールスクラムの好機をつかむと、しなるようなラインアタックでWTB山崎が左大外を抜け出しインゴールへ。17-15とスピアーズが先行して前半を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ