人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月10日

【ハイライト動画あり】明治、後半に底力を発揮し大東文化を突き放す。関東大学春季交流大会レビュー

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

大東文化大学 vs. 明治大学

1週前の早稲田大学戦から先発15人全員を入れ替えて臨んだ明治大学にとっては自信を深める勝利だ。これがこの春初戦の大東文化大学にしても、敗れたとはいえつかんだ手応えは小さくなかっただろう。

お互いに今シーズンの目指すスタイルをストレートに押し出し、真っ向から強みをぶつけ合う。だからこそ現時点での成果と課題は随所に浮かび上がった。それぞれがここからどのように力を高め、チームとして成長していくのかが楽しみになる。そんな春らしいゲームだった。

立ち上がりの20分は大東文化の前へ出る勢いが目を引いた。吉瀬航太、手島壮汰の両FLが目の覚めるようなビッグタックルを連発し、ディフェンスからリズムを生み出していく。10分に防御ライン裏のスペースをキックで崩され明治に先制トライを許したものの、17分に連続攻撃で左サイドにオーバーラップを作りWTB松田武蔵がトライ。その直後にもNO8サイモニ・ヴニランギのパワフルな突進をサポートしたSH稲葉聖馬が約30メートルを走り切り、10-5と逆転する。

しかし明治もここからじわりと地力を発揮。FWとBKが一体となったスピーディーなアタックで相手陣に攻め込むと、27分にゴール前のペナルティからPR中山律希が力強くタックラーを弾いてポスト下にねじ込む。続く33分にもFW戦でゴールラインに迫り、右ショートサイドでパスを受けたPR中山が連続トライ。さらにハーフタイム直前の43分には22メートルライン付近の左スクラムからBKのサインプレーでWTB杉本大雅がフィニッシュし、24-10として前半の40分を終えた。

後半も序盤から激しい攻防が繰り広げられる中、先に得点を刻んだのは明治だった。44分、統制のとれた組織防御で辛抱強く守り続けて相手のハンドリングエラーを誘うと、こぼれ球を確保するやすかさず切り返してFB金昂平が鋭くラインブレイク。フォローしたCTB石塚勝己が左中間に押さえ、29-10とリードを広げる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ