人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月6日

さようなら。そしてありがとう。宗像サニックスブルース!公式戦324試合目のラストゲーム。ジャパンラグビー リーグワン Div.3順位決定戦

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

宗像サニックスブルース、ラストゲーム

1994年に創部された宗像サニックスブルースが「ラストラン」を迎える。

5月8日(日)、リーグワンディビジョン3の1~3位の順位決定戦の第3節が行われる。ホストであるリーグ戦1位の豊田自動織機シャトルズ愛知が、リーグ戦2位の宗像サニックスブルースと対戦する。

宗像サニックスブルースが、株式会社サニックスの経営環境により今季限りでの休部が決まり(現在のところ譲渡先は見つかっていない)、トップリーグ時代からランニングラグビーで、多くのファンを魅了してきたサニックスラグビー部としてのラストマッチとなる。

ジャパンラグビー リーグワン2022

4月24日に行われた順位決定戦の第1節で豊田自動織機シャトルズ愛知がリーグ戦3位の清水建設ブルーシャークス江東を37-10で下し、30日の第2節で清水建設江東ブルーシャークスが宗像サニックスに40-26で勝利した。

そのため、第2節終了時点で、勝ち点で上回った豊田自動織機シャトルズ愛知が来季のディビジョン2への自動昇格を決め、清水建設江東ブルーシャークスがディビジョン2最下位チームとの入替戦に回ることが決定している。

ただ、宗像サニックスブルースとしては「ラストゲーム」に勝利して有終の美を飾りたいところだ。一方、今季始まったリーグワンでまさかのディビジョン3スタートとなった豊田自動織機シャトルズ愛知としては、地元で勝利して無敗のまま12連勝で今シーズンを締めくくりたい。

それではビジターの宗像サニックスブルースから見ていきたい。前節からFW(フォワード)3人、BK(バックス)3人と、6人を交替して臨む。

FWの第1列、HO(フッカー)にはゲームキャプテンであり、副将の高島卓久馬、PR(プロップ)は2年目のファイアラガ望サムエルと、前節はメンバー外だった寺脇駿が先発する。LO(ロック)は花田広樹が5番から4番に上がり、前節控えだった西井利宏がスターターとなった。

バックローはオールブラックスセブンズのFL(フランカー)スコット・カリーと、前節はベンチメンバーだった吉田光治郎が7番を着けてコンビを組む。NO8(ナンバーエイト)には何でもできるジョセフ・トゥペが務める。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ