人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月29日

早稲田大学、明治大学、今季初の公式戦は「早明戦」。北の大地で第1ラウンド。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

札幌ドームでの早明戦

4月に開幕した「第11回関東大学春季交流大会」。前年度の秋季リーグの順位に基づいて、関東大学対抗戦・リーグ戦の各9チーム(18チーム)を6チームずつ、AからCの3グループに分け、総当たり戦で行われる。

5月1日(日)、北海道・札幌ドームで、Aグループの試合で対抗戦のライバル、大学ラグビー伝統の一戦である早稲田大vs.明治大学の「早明戦」が行われる。この試合は北海道のラグビーの活性化を目的とし、4月30日(土)からの2日間、「北海道”ラグビーの日”」として行われているイベントのフィナーレとして開催される。なお、両校ともに今季初の公式戦となる。

早稲田大学は昨年12月5日の対抗戦の「早明戦」では、17-7で勝利し対抗戦2位。明治大学は3位だった。両校はすぐに12月25日の大学選手権の準々決勝で再戦し、明治大学が20-15で接戦を制して、早稲田大学は年内でシーズンが終了、一方の明治大学は決勝まで駒を進めた。

ラグビー関東大学春季大会2022

まずは4月10日の東日本大学セブンズで4連覇を達成し、好調な滑り出しを切った明治大学。神鳥裕之監督が2シーズン目を迎えて、キャプテンは東京五輪に出場した唯一の大学生であるWTB(ウィング)石田吉平(4年)が選ばれた。

今季のスローガンはクラブの精神的なスローガンである「前へ」の英語「AHead」と定めた。ただしAとHが大文字であり「前進する、他に勝る」という意味だけでなく「あと一つにこだわる、凡事徹底の姿勢で頂点(Head)をつかむ」という意も込められた。

ラグビー関東大学春季大会2022

それではメンバーを見ていこう。副将のPR(プロップ)大賀宗志(4年)こそメンバー入りをしなかったが、FW第1列はPR中村公星(4年)、為房慶次朗(3年)、HO松下潤一郎(3年)と経験値のある3人。LO(ロック)は山本嶺二郎、亀井茜風と身長190cmオーバーの2人が入った。

FL(フランカー)には森山雄太、石浦大貴と昨季まではAチームにいても出場機会が少なかった2人が先発。NO8(ナンバーエイト)には昨季1年としてFLでブレイクした木戸大士郎が入った。バックローの控えは昨春のMVPのFL福田大晟(2年)、石田主将も活躍を期待するNO8脇野倫太朗(4年)が入っており、今後、ポジション争いが激しくなりそうだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ