人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月11日

3勝目を懸けた熱きバトル。シャイニングアークス東京ベイ浦安×静岡ブルーレヴズ。スクラム戦も要注目

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

シャイニングアークス東京ベイ浦安 vs. 静岡ブルーレヴズ

3勝目を懸けた負けられぬ闘いだ。

千葉県浦安市をホストタウンとする、2勝6敗(実戦2勝3敗)のNTTコミュニケーションズ シャイニングアークス東京ベイ浦安

静岡県をホストエリア自治体とする、こちらも2勝6敗(実戦2勝3敗)の静岡ブルーレヴズ

ともにコロナ禍による3つの不戦敗を経験した2チームが、ジャパンラグビーリーグワン「ディビジョン1」第9節交流戦、3月13日(日)の東京・江東区夢の島競技場で激突する。

ホストとして迎え撃つシャイニングアークスは先週、トヨタヴェルブリッツに22-31で惜敗。2週間前には22-21で東芝ブレイブルーパス東京から逆転勝利しているが、その舞台は今週末の舞台、夢の島競技場だった。地の利を活かし、実戦の勝敗を五分に戻したいところだ。

乗り込むブルーレヴズも、先週はクボタスピアーズ船橋・東京ベイに惜敗(24-30)を喫した。ただ実戦における3敗は、点差が23、10、6と減少傾向。3勝目を掴み、白星先行の流れに乗りたい。

ブルーレヴズは、前身のヤマハ発動機ジュビロ時代、セットプレーの集中強化により4強常連に上り詰めた。

プロラグビーチームとしてスタートしている今季は、セットプレーに「アタック」「ディフェンス」「攻守交代時のリアクション」「ブレイクダウン」の4要素を加えた『5Hearts』を新スタイルに掲げた。先週のスピアーズ後、昨季から成長した部分を問われて堀川隆延監督はこう答えた。

「ディフェンスで一人ひとりがシステムを理解していること。アタックにおいては、スキルが向上し、昨年以上にボールを動かすラグビーができていることです」

開幕から不戦敗が続く幕開けとなったが、実戦の5試合を通し、新しいスタイルの精度が上がっている印象だ。

戦術は違えど、大枠としてその「ボールを動かすラグビー」を早くから標榜し、精度向上に取り組んできたのがシャイニングアークスだ。

2014年度から5季ヘッドコーチを務め、新監督として2期目を迎えているロブ・ペニー氏は「スペースにボールを運ぶ」スタイルが信条。チームはFW・BKともにダイナミックなアタックに必要なスキルを磨いてきた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ