人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月8日

日本代表を目指すトップレベルの選手たちが高校最後の試合。ラグビー高校日本代表候補エキシビションマッチ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ラグビー高校日本代表候補エキシビションマッチ

3月7日(月)、静岡・エコパスタジアムで、2021年度の高校日本代表の海外遠征の代替として、3年生50名の高校日本代表候補選手が「U19 Red Blossoms」(レッド)と「U19 Blue Blossoms」(ブルー)に分かれてエキシジビョンマッチを行った。

昨年度はコロナ禍の影響で、高校日本代表は活動を行うことができず、今年度も主にオンラインでの活動だったが、今回は3月4日から8日まで「第8回TIDユースキャンプ」(高校日本代表候補合宿)を行い、各選手の競技力の発掘、U20日本代表や、その先につながる国際舞台で活躍する選手の発掘を目的に試合が組まれた。

ビッグマンキャンプから代表候補になったLO能勢

2チームは今年度、春の全国高校選抜大会、夏の全国高校7人制ラグビー大会、「花園」こと、全国高校ラグビー大会で活躍した選手が多く選出されたが、身長197cmのLO(ロック)能勢涼太郎(川西北陵)やWTB(ウィング)福島秀法(修猷館)といった全国大会に出場経験のない選手も選ばれた。

両キャプテンを先頭に入場

U17日本代表の活動もなかったため、選手たちは桜のエンブレムがついたジャージーを初めて着て行う試合となった。両チームの選手たちは、2019年ワールドカップで日本代表がアイルランド代表を下したスタジアムで国歌を歌い、1月に海底噴火の被害に遭ったトンガ王国に対する黙祷も行われた。

トップレベルの選手たちが、今年度の高校日本代表のテーマだった「HONKI」(本気)の言葉通り、バチバチと身体を当て続けた60分間となったが、序盤、ペースを握ったのは「コネクト」をテーマに掲げて臨んだ「レッド」だった。

キャプテンのSO(スタンドオフ)大町佳生(長崎北陽台)は「合宿に来る前から楢本幹志朗(東福岡)ら、BK(バックス)中心にどういうプランでやるかを明確にしていた」という言葉通り、アタックで相手にプレッシャーをかけ続けた。

2トライを挙げたレッドのWTB御池

そして13分、相手陣奥のスクラムを起点に、最後はSO大町からパスを受けた御池蓮二(東海大大阪仰星)がトライを挙げて5-0とリードする。その後、「ブルー」のペースになり、FB(フルバック)上ノ坊駿介(石見智翠館)らのランで攻め込むも、「レッド」はディフェンスで粘り得点を許さない。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ