人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月21日

【ハイライト動画あり】シャトルズがラストプレーの逆転トライでブルーシャークスを破り全勝維持。リーグワンDiv.3 第5節レビュー。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

逆転サヨナラトライを挙げた齊藤大朗

カテゴリーは3番目でも、目の前の闘争にかけるハートはトップディビジョンにもなんら引けはとらない。一発のタックル、ひとつのボールキャリーに、選手一人ひとりの熱がほとばしる。2月20日、愛知県はパロマ瑞穂ラグビー場。ディビジョン3の豊田自動織機シャトルズ愛知清水建設江東ブルーシャークスの一戦は、まさにそうしたリーグワンの醍醐味を実感するゲームとなった。

試合に火をつけたのは白いジャージーのブルーシャークスだ。立ち上がりから満点の気迫で鋭いアタックを繰り出し、ホストチームのシャトルズをあおる。テンポよくボールを左右に動かし続けてゲインを重ね、開始早々にゴールライン近くまで攻め入った。

もちろんシャトルズも簡単には流れを渡さない。粘り強くカバーディフェンスに戻ってこのピンチをしのぐと、すかさず反撃に転じる。7分、中盤のスクラムを起点に順目を攻め、絶好調のルーキーWTB齊藤大朗が左大外を抜けて防御裏へチップキック。こぼれ球を拾ったSH藤原恵太が左中間に飛び込んだシーンは、直前のノックオンでトライにならなかったが、狙い通りにスペースを作り出して仕留めかけた一連のアタックで、芝の上の空気は一気に引き締まった。

その後も拮抗した展開は続く。188cm、105kgの巨体に卓越したスキルを備えるフィジー代表、CTBジョシュ・マタヴェシを軸にした多彩な攻撃でシャトルズが攻め立てれば、ブルーシャークスは全員一丸のひたむきな防御で対抗。たびたび自陣ゴール前まで攻め込まれながらも厳しく体を当てて相手のエラーを誘い、わずかな隙間に体をねじ込んで最後の一線を死守する。

前半、0-0。

激しく攻防が動く試合で初めてスコアが動いたのは、51分だった。ブルーシャークスが長い連続攻撃からのBK展開で前進し、WTB野田涼太が右大外を抜け出してゴールラインに迫るも、シャトルズはCTB石田圭祐とWTB齊藤が懸命のカバー防御でつかまえてトライを阻止。さらにライン際に弾むボールをCTBジョシュア・ケレビがすくい上げて切り返し、約90mを独走してインゴールへ駆け抜ける。ゴールも決まってシャトルズが7-0と先行した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ