人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月13日

【ハイライト動画あり】清水建設江東ブルーシャークスが3勝目!ホスト初実戦で宗像サニックスブルースを撃破

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

夢の島で大熱戦が展開された。

ホストの清水建設江東ブルーシャークスが、元トップリーグチームの宗像サニックスブルースを破った。ホスト初実戦での快挙だった。

ブルーシャークスは着実に実力をつけてきた。

1976年創設。トップリーグ経験こそないが、18年度にトップイーストから国内2部のトップチャレンジリーグに昇格。

19年度は同リーグ最下位だったものの翌年度は4強に入り、トップリーグ2021のプレーオフ1回戦に進出した。

そしてジャパンラグビーリーグワンではディビジョン3に参戦。プレシーズンマッチ7試合はすべてディビジョン上位のチームで、ディビジョン1では4チームと手合わせ。躍進への準備は入念だった。

そして開幕したリーグワンで、2勝1敗で迎えた2月12日(土)、ホストスタジアムである東京・江東区夢の島競技場に、同じく2勝1敗のブルースを迎えた。

ブルーシャークスのテーマは「ハードワーク」だった。元近鉄の猛タックラーである大隈隆明監督が明かした。

「サニックスさんは昨シーズンまでトップチーム。チャレンジャーとしてハードワークするように言い続けてきました」

多くの選手、スタッフがサラリーマンとして働きながらラグビーに打ち込むブルーシャークスでは「ハードワーク」が文化と言えるだろう。

今季新加入ながらゲーム主将を任されているCTBシアレ・ピウタウは、「一日中働いた後に練習していてきつい状況」と社員選手のハードワークに驚く。外国人選手は社員選手の負担を軽減するサポートを心掛けているという。

ブルーシャークスは2001年からクラブチーム制度を導入しており、他企業の“サラリーマン・ラガー”も参加。ブルース戦の先発メンバーではキヤノンの会社員である30歳、WTB森谷直貴もその一人だ。

そんなブルーシャークスだが、序盤に優勢だったのはビジターのブルースだ。

まず大阪体育大卒のCTB森林啓斗のジャッカルから敵陣に入ったブルースは、相手反則からペナルティゴール(PG)で前半5分に3点先制。最初のチャンスを得点に変えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ