人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月4日

2位×3位の第5節好カード!トップを狙う気鋭の両雄「横浜キヤノンイーグルス×クボタスピアーズ船橋・東京ベイ」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

両ロックは新加入のヘル ウヴェ、日本代表入りを目指しているというLOルアン・ボタの強力コンビ。今季ブレイク中のPRオペティ・ヘルはリザーブスタートとなった。

横浜キヤノンイーグルススターティングメンバー

横浜キヤノンイーグルスは日本代表68キャップの大黒柱、キャプテンのSO田村優が第2節以来の先発。どんな足技、ゲームメイクを見せてくれるか。

田村は同じく21年日本代表スコッドのSH荒井康植とのハーフ団。同スコッドの庭井祐輔はリザーブに入り、先発HOは立命館大の後輩である高島忍が務める。

ボールキャリー数(50回)とゲインメーター(364m)でディヴィジョン1で首位のアマナキ・レレイ・マフィは、いまやチームに欠かせぬエイトマンだ。

ジェシー・クリエルはセンターからウイングに移動し、センターコンビは梶村祐介南橋直哉。ポジション最後尾はキックゲームも得意なラインブレイカー、FB小倉順平だ。

横浜キヤノンイーグルスの大きな武器は運動量だ。

第2節神戸スティーラーズ戦では「『自信を持っているフィットネスのところで勝とう』『前半ぶっ飛ばしていこう』というプラン」(沢木監督)で8トライを奪った。

横浜キヤノンイーグルスとしてはボールを動かし続け、クボタスピアーズ船橋・東京ベイの大型FWを消耗させたいところだろう。

となれば、クボタスピアーズ船橋・東京ベイとしては、ブレイクダウンに圧力をかけて攻撃テンポを遅らせ、あわよくばボールを奪取したい。

横浜キヤノンイーグルスが負けた第3節埼玉ワイルドナイツ戦は、ブレイクダウン・ワークで後手に回った。埼玉ワイルドナイツ戦後に沢木監督が語っていた。

「横浜キヤノンイーグルスのやろうとしているラグビーは球が動くようなラグビー」

「ブレイクダウンの強い相手だったり、タックル後のリロードの早いチームに対してどうやって崩すかが課題で、次から何ができるかを話していきたいと思います」(沢木監督)

そんな横浜キヤノンイーグルスにとって、クボタスピアーズ船橋・東京ベイのPRオペティ・ヘルは脅威となる一人だろう。今週はリザーブとなったPRヘルはブレイクダウンでリーグ2位となる4回のスティールを記録している。

ゲームテンポを調節できれば、クボタスピアーズ船橋・東京ベイは自慢の大型FWによる武器がある。成功率約94%のラインアウト(横浜キヤノンイーグルスは80%)からの強力モールは重戦車軍団の真骨頂だ。

主導権争いを制して強みを発揮し、今季4勝目を挙げるのはどちらか。成長著しい両雄が相まみえる、注目の一戦だ。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ