人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月31日

【ハイライト動画あり】スピアーズが本拠地・江戸川での初のホストゲームでグリーンロケッツに快勝。リーグワン第4節レビュー。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

バーナード・フォーリー(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)

クボタスピアーズ船橋・東京ベイにとっては、本拠地の江戸川区陸上競技場で迎えるリーグワン最初のホストゲーム。地域との連携に意欲的に取り組むクラブだけに、この一戦にかける思いには特別なものがあったはずだ。そして試合は、その意気込みが随所に表れる80分となった。

2節、3節の開催中止で3週ぶりのゲームとなったNECグリーンロケッツ東葛に対し、スピアーズはキックオフ直後から満点の気迫でたたみかける。開始1分過ぎ、今季大ブレイク中のPRオペティ・ヘルがブレイクダウンで球をもぎ取ると、そのまま豪快な突進で22メートル線内へ攻め込む。ラックからすばやく左オープンに展開し、SOバーナード・フォーリーのオフロードを受けたHOマルコム・マークスがポスト下へ走り抜けた。

さらにスピアーズは11分、ゴール前でのマイボールラインアウトから一気にモールを押し込み、マークスが2本目のトライを奪取。12-0として精神的に優位に立つと、以降も強固なセットピースとFWの推進力を軸に、攻勢を強めていく。

26分、ラインアウトからの連続攻撃で狙い通りに相手ディフェンスを崩してフォーリーが左中間に押さえれば、33分には同じようにラインアウト起点の攻撃でフェーズを重ねてゴールラインに迫り、LOデーヴィッド・ブルブリングがラックサイドを割ってインゴールへ。この後、グリーンロケッツも38分にSOフレッチャー・スミスのラインブレイクからHOアッシュ・ディクソンがトライを返したが、26-7とスピアーズが大きく先行して前半を終えた。

サイドが入れ替わった後半は、追いかけるグリーンロケッツが先に得点を刻む。44分、ターンオーバーの切り返しからCTBレメキロマノラヴァが圧巻の個人技で右サイドを駆け抜けポスト右へダイブ。しかしスピアーズは自慢のラインアウトモールを押し込んですかさずトライを挙げると、57分にもスクラムの優勢を利してCTBテアウパシオネが右中間に押さえる。61分には途中出場のSH藤原忍が判断よく密集脇を突いてグラウンディング。たたみかけるような猛攻で、47-12と一気にリードを拡大する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ