人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月23日

【ハイライト動画あり】コベルコ神戸スティーラーズ初勝利 山下楽平、持ち味のステップで2トライ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

コベルコ神戸スティーラーズ vs. クボタスピアーズ船橋・東京ベイ

トップリーグ初代王者であり、リーグワン初年度でも優勝を目指すコベルコ神戸スティーラーズがまさかの開幕2連敗。必勝を期してホームに迎えた相手は優勝候補の一角クボタスピアーズ船橋・東京ベイだ。1月22日、ノエビアスタジアム神戸は開閉式の屋根を空け、抜けるような青空の下で午後2時30分のキックオフを迎えた。

スティーラーズSOアーロン・クルーデンがボールを蹴り上げる。立ち上がりから攻守の入れ替わりの激しい息詰まる戦いとなる。先にチャンスをつかんだのは、スティーラーズだった。スクラムで相手の反則を誘ってスピアーズ陣深く入ると、前半6分、ゴールライン手前のラインアウトから波状攻撃。最後は、LO張碩煥(チャン・ソクファン)がタックルをかわしながら左手を伸ばしてトライ。クルーデンのゴールも決まって、7-0とリードした。

スピアーズも前半11分、FLトゥパ フィナウの突破でチャンスを作ると、右に左に大きくボールを動かしながら、SH谷口和洋がトライして、7-5とする。その後もスピアーズの攻勢が続いたが、スティーラーズはモールをがっちり止めるなど簡単にトライを許さない。スピアーズも、127kgのPRオペティ・ヘルが重量感あるタックルでスティーラーズCTBラファエレ ティモシーを押し戻すなど、両者一歩も引かない。

アタアタ・モエアキオラ

前半30分、スティーラーズの追加点は、WTBアタアタ・モエアキオラの好タッチキックから始まった。ハーフウェイラインから自陣に少し入ったところで相手のキックを受けたアタアタは、スピアーズ陣22mラインを狙ってボールを蹴り込んだ。ボールはバウンドしながら22mラインを越えてタッチラインの外へ。昨年8月から採用されている新ルール「50:22」(フィフティ・トゥエンティトゥ)が適用されて、スティーラーズボールでのラインアウトとなる。

ここからのサインプレーで、ラファエレが左タッチライン方向に走りながらディフェンダーを引き付け、WTB山下楽平が右に方向転換してインゴールに駆け込んだ。ワンチャンスを生かした攻撃で、14-5となる。その後、スピアーズSOバーナード・フォーリーが2PGを決め、14-11と差が詰まったが、後半6分、再び山下楽平が魅せる。フォーリーが蹴り上げたハイパントを、スピアーズWTB合谷和弘とクルーデンが競り合い、こぼれたボールをラファエレが拾って大きく前進。最後は左タッチライン際でパスを受けた山下がタックラー3人を右に左にかわしてトライをあげた。「持ち味が出せた」という言葉通り、狭いスペースで相手をきりきり舞いさせるステップワークが光った。山下はディフェンス面でもスピアーズのチャンスをつぶすジャッカルを決めるなど攻守によく働いた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ