人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月8日

【ハイライト動画あり】東海大大阪仰星、4大会ぶり6回目の優勝。快進撃の國學院栃木は準優勝。全国高校ラグビー大会 1月8日(土)決勝の結果

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

6度目優勝の東海大大阪仰星

1月8日(土)、大阪・東大阪花園ラグビー場で「花園」こと、第101回全国高校ラグビー大会の決勝が行われた。4大会ぶり6回目の優勝を目指すAシードの東海大大阪仰星(大阪第2)と、初の決勝進出となったBシードの國學院栃木(栃木)が激突した。

両校は夏の7人制ラグビー大会の決勝で対戦し、東海大大阪仰星が優勝。また、10年前の2011年度の準々決勝で両校は対戦しており、その時も東海大仰星(当時)が24-12で勝利していた。

東海大大阪仰星の湯浅大智監督は勝負の鍵について、「丁寧にひたむきにプレーすることとボールの争奪戦」を掲げ、國學院栃木の吉岡肇監督は「うちはチャレンジャー。最後まで執念のタックルができるかに尽きる」と意気込んでいた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

天気は快晴、5683人の観客が見守る中、試合は14:05にキックオフされた。ともに守備に自信を持っている両チーム。東海大大阪仰星はSO(スタンドオフ)吉本大悟(3年)のロングキックを使い、敵陣で戦うことを主眼とし、國學院栃木はSO伊藤龍之介(2年)のハイパントキックで相手守備を崩すプランだった。

先制トライを挙げた仰星の薄田主将

試合の先手を取ったのは「一心不乱」をこの試合のテーマに掲げた東海大大阪仰星だった。前半6分、モールを押し込んだ後、左に展開し、CTB(センター)野中健吾(3年)からパスを受けたキャプテンNO8(ナンバーエイト)薄田周希(3年)が左隅にトライを挙げ5点を先制する。

さらに12分、CTB野中のショートパスからCTB中俊一朗(3年)が中央に押さえてトライ。野中のゴールも決まり、12-0とリードを広げた。

モールからトライを挙げる國學院栃木FW

22分、國學院栃木も相手の反則から相手陣奥でモールのチャンスを得て、FW(フォワード)陣が押し込んで、最後はHO(フッカー)吉田温広(3年)が右隅にトライを挙げて。5点を返した。

その後、東海大大阪仰星は相手反則からPG(ペナルティゴール)のチャンスを得て、CTB野中が落ち着いて決め、15-5で前半を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ