人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月3日

【ハイライト動画あり】3連覇を狙う桐蔭学園、春の王者・東福岡、夏の覇者・東海大大阪仰星、初の準決勝進出の國學院栃木がベスト4。全国高校ラグビー大会 1月3日(月)の結果

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

全国高校ラグビー大会 準々決勝

【ハイライト】長崎北陽台 vs. 国学院栃木

第2試合は今大会好調のBシード同士、長崎北陽台と國學院栃木が激突した。前半は國學院栃木が敵陣奥深くに攻め込むも、長崎北陽台は粘り強いディフェンスでゴールラインを割らせなかった。一方、長崎北陽台もチャンスを作ったが國學院栃木もスコアさせず、20分が経過した。

チームを引っ張った國學院栃木SO伊藤龍之介

試合が動いたのは21分、國學院栃木はゲームキャプテンのCTB田中大誠(3年)のPGで先制。3-0で前半を折り返した。後半に入っても、攻める國學院栃木に、守る長崎北陽台という展開は変わらない。8分に國學院栃木のSO伊藤龍之介(2年)がラックサイドを突いてトライ。10-0と点差を広げる。

長崎北陽台も15分にラックからLO白丸智乃祐(2年)のトライで7-10と食い下がる。残り5分、國學院栃木は相手ボールをインターセプトから展開。最後はWTB(ウイング)武藤倖吉(3年)のトライで突き放し、17-7でノーサイド。國學院栃木が栃木県勢として初のベスト4進出を果たした。

トライを挙げる長崎北陽台LO白丸

初のベスト4進出となった國學院栃木の吉岡肇監督は「34年やってきましたけど最高の日です。國學院栃木のみならず、栃木県のラグビーが変わった日です。朝から『今日は歴史を変える日だ』と言ってきましたが、本当に実現してよかった。(ベスト4の)実感はまだありません。ようやくここまで来たという感じです」と満面の笑顔を見せた。

東海大大阪仰星のNO8薄田周希

第3試合はBシードの常翔学園と、夏の7人制ラグビー全国大会王者でAシードの東海大大阪仰星、ともに花園優勝5回の大阪勢同士が初めて花園の地で激突した。試合は序盤から東海大大阪仰星はテンポよくボールを動かし、優位に進める。13分までにFB(フルバック)増山将(2年)、LO楠田知己、SH(スクラムハーフ)石田太陽(ともに3年)がトライを挙げて、21-0とリードする。

全国高校ラグビー大会 準々決勝

【ハイライト】常翔学園 vs. 東海大大阪仰星

17分、常翔学園もFL(フランカー)大本峻士(3年)がトライを返すが、FB増山らが2トライを加えた東海大大阪仰星が33-7と大きくリードして前半を折り返した。後半に入っても流れは変わらず、さらに2トライを加えた東海大大阪仰星が45-7で大阪のライバルを下した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ