人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月23日

京都産業大学、23年ぶりの関西王者が日本大学と対戦。ラグビー全国大学選手権 準々決勝

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

関西王者として選手権に挑む京産大

23年ぶりに関西大学リーグを制覇した京都産業大学が、いよいよ大学選手権に挑む。関西王者のシードは山の左、準々決勝からの登場だ。対戦相手は日本大学、関東リーグ戦を惜しくも2位で終えている。関東リーグ優勝の東海大と同勝ち点でリーグを終えたが、総得失点差で2位だった。

ラグビー 全国大学選手権 準々決勝

そんな日大はFL(フランカー)で主将の飯田光紀(日川・4)を中心にFW(フォワード)が強みだ。ラインアウトモールを得意としており、HO(フッカー)の井上風雅(東福岡・2)はリーグ戦15トライでダントツのトライ王に輝いている。この強力なFWを止められるかが鍵になるだろう。

京産大は今年からOBで元日本代表の廣瀬佳司監督が就任している。主将は共同主将として平野叶翔(西陵・4)、廣田瞬(天理・4)、檜垣大宇(東海大仰星・4)が3人でチームを引っ張るという体制だ。

就任初年度に関西制覇の廣瀬佳司監督

関西制覇を成し遂げたこのチームの強みは粘り強いディフェンス。特に三木皓正(京都成章・2)と福西隼杜(報徳学園・3)の両FLの貢献度は高く、鋭いタックルと豊富な運動量でチームを支えている。廣瀬監督も「チームの強みの1つです」と2人を信頼している。

また、ブレイクダウンにも定評があり、平野共同主将や三木のジャッカルにも注目したい。ディフェンスは「選手達自身が作り出していった」と廣瀬監督が語るように選手の意識が高いようだ。「進化」をスローガンに掲げた今年のチームは主体性が重視されている。選手同士のコミュニケーションを取り、ハーフタイムでも選手間で修正を行なっているようだ。

ラグビー 全国大学選手権 準々決勝

攻撃面では関西リーグで9本のトライを挙げ、トライランキング2位だったLO(ロック)のアサエリ・ラウシ(日本航空石川・3)を先頭に縦に早い攻撃を見せる。SH(スクラムハーフ)廣田共同主将から始まる、テンポの速い連続攻撃でトライを奪ってきた。

それらを支えるのはSO(スタンドオフ)家村健太(流経大柏・3)、FB(フルバック)竹下拓巳(東福岡・3)のキックだ。パンチ力のあるキックを持つ2選手のおかげで敵陣に入り込みやすく、チームを助けている。とりわけ関西2位の近畿大学戦ではトライ数は上回られたが、竹下の正確なコンバージョンキックで試合を制した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ