人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月17日

4回戦屈指の好カードを見逃すな! 昨季の王者・天理大と2018年度覇者・明治大が激突

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

明治大学

第58回全国大学選手権は、12月18日(土)、東京の秩父宮ラグビー場と東大阪市花園ラグビー場で4回戦4試合が行われる。勝てば準々決勝進出が決まる戦いはどれも好カードだが、なかでも見逃せないのが、昨季の覇者・天理大と、2018年度覇者・明大の激突だ。

両者は昨年の大会準決勝で対戦し、天理大が41-15で快勝した。ただし、今年の6月に長野県で行われた招待試合では、26-21で明大が勝利し、8月の菅平高原での対戦でも明大が28-10で勝っている。互いにメンバーは現在の編成とは違っているが、今季の力関係は明大がやや上と見ていいだろう。

12月5日の早明戦には敗れ、関東大学対抗戦3位での選手権出場だが、早大相手にスクラムで押しまくり、ボールをキープして攻め続け、なぜ負けるのか不思議な戦いだった。準備した攻撃をしようとしすぎている感があり、天理大を相手には、山本嶺二郎(2年)、武内慎(3年)という身長191cmのLOコンビを軸にボール争奪戦で圧力をかけ、一人一人が力強く前に出て決定力あるアウトサイドBKを走らせたい。天理大戦のメンバーは、早大戦から先発15名で代わったのは1名のみ。石田吉平(3年)がリザーブにまわり、リザーブだった秋濱悠太(1年)が14番で先発する。

福本優斗(天理大学)

昨季の天理大は圧倒的な強さで頂点に駆け上がった。しかし、SH藤原忍、SO松永拓朗、CTBシオサイア・フィフィタという1年生からチームの中心だった主力が抜け、試行錯誤のメンバー編成でシーズンを戦っている。5連覇中だった関西大学Aリーグでも近畿大、京産大に敗れ3位に甘んじた。しかし、最終戦となった同大戦ではFWの大黒柱のアシペリ・モアラ(4年)をリザーブ(控え)にして、BKラインにパワーのあるCTBマナセ・ハビリ(2年)、WTBアントニオ・トゥイアキ(3年)といった留学生を並べ、SOには公式戦デビューとなるSO福本優斗(2年)を起用。これが功を奏して同大を破った。「このチームはまだまだ伸びると思っている」という小松節夫監督の言葉通り、選手権を前にようやく間に合ったというところだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ