人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月10日

激戦必至の大学日本一争い。 帝京、明治、早稲田の王座奪還か、天理の連覇か、それとも?

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

58回目を迎えた全国大学選手権は、東西の大学リーグを終えて出場チームが確定し、いよいよ大学日本一をかけた戦いが始まる。今大会は絶対的な優勝候補は不在で混戦模様。ここ2年はコロナ禍で準備期間での練習試合などが少なく、これからチーム力を大幅に伸ばす大学も出てくるだろう。予測不能のトーナメントの幕開けだ。

帝京大学

関東大学対抗戦Aは帝京大が3年ぶりに優勝し、9連覇以来、4シーズンぶりの大学王座奪還を目指す。HO江良颯(2年)、LO本橋拓馬(1年)、FL青木恵斗(1年)、NO8奥井章仁(2年)らを軸にした強力FWで圧力をかけ、プレーメイカーのSO高本幹也(3年)が卓越したスキルで自在に操る攻撃は多彩だ。実力拮抗の出場チームの中でも仕上がりは一歩リードしている。

天理大学

昨季の王者・天理大は、関西大学Aリーグ初戦で近大に敗れ苦しいシーズンを送ってきた。しかし、関西リーグ最終戦となった同大戦では、SOにリーグ戦デビューとなる福本優斗(2年)を抜擢するなどメンバー編成を組み替えて勝利し、選手権前にチーム力を上げてきた。56回大会優勝の早大は、CTB長田智希キャプテン(4年)を怪我で欠きながら、12月5日の早明戦に勝利。スーパールーキーのNO8佐藤健次は改めて非凡な突破力を見せつけた。敗れた明大も55回大会以来の優勝を狙う。早明戦ではスクラムの優位性を得点につなげられなかったが、その強みを選手権では生かしたい。

関東大学リーグ戦1部で4連覇を飾った東海大は攻守ともに安定感があるが、その東海大と引き分けた日大の爆発的な攻撃力はすべてのチームにとって脅威だ。関西リーグを制した京産大は伝統のスクラム、モールの強みに加え、ディフェンスが粘り強く、2位の近大も強いセットプレーと整った組織アタックで得点力がある。明らかに力が劣るチームは見当たらない。どのチームにもファイナリストになる力があるように見える。

選手権はすでに11月21日に開幕し、朝日大(東海・北陸・中国・四国地区代表)が1回戦で八戸学院大(北海道・東北地区代表)を60-7、2回戦では福岡大(九州学生リーグ1部 1位)に逆転勝ちし、3回戦に進出している。3回戦は1試合のみ。12月12日、東大阪市花園ラグビー場で関西リーグ4位の同大が対戦する。朝日大はLOシオネ・アフェムイ(4年)、NO8ワカヴァカ・サムエラ(2年)ら突破力ある選手が多く、その攻撃力で同大を崩せるかどうか。同大は関西では4位に甘んじたものの、FB山口楓斗(4年)、WTB和田悠一郎(4年)ほか決定力ある選手が揃い、ディフェンスでもLO南光希キャプテン(4年)を筆頭にハードタックラー揃いだ。この試合の勝者は4回戦で関東大学リーグ戦1部3位の大東大と対戦が決まっており、準々決勝で帝京大が待ち受けるブロックだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ