人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月15日

【ハイライト動画あり】明治大学、8トライで日本体育大学を破り3連勝。課題が残るも3連覇へ確かな歩み。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

今季初スタメンの石田

ラグビー関東大学対抗戦で、青山学院大学と立教大学との試合で快勝した明治大学。10月9日には2週間ぶりに、昨年度は不戦勝となった日本体育大学と江戸川区陸上競技場で第3戦を行った。

前半8分、ハーフウェーライン付近で明大が反則。日体大にPG(ペナルティーゴール)を決められいきなり先制点を許す。

しかし、明大は13分に反撃を開始。敵陣5mライン付近で日体大のペナルティを誘う。そこから左WTB(ウイング)石田吉平(文3=常翔学園)がクイックスタートし速攻で仕掛けてパスをつなぎ、最後は右ウイング松本純弥(政経4=佐賀工)がトライ。

「ペナルティで石田が速攻で仕掛けてくれて、いい形でパスをもらえた」(松本純)。22分にも松本純がハーフウェーライン付近でインターセプトを決め、そのまま独走トライ。「前に出ることができて、明大の理想とするディフェンスができた」(松本純)。

33分には、敵陣10mライン付近から左CTB(センター)廣瀬雄也(商2=東福岡)がビックゲイン。その後、ラックからパスを受けたFB(フルバック)秋濱悠太(商1=桐蔭学園)がトライを決めた。「取り切るという点でBK(バックス)としての仕事はできた」(秋濱)。

POMに選ばれた紀伊

37分には、自陣10mラインのマイボールスクラムからパスをつなぎ、一気にラインを上げる。敵陣22mライン付近で形成されたラックから外側に振り、廣瀬、石田とつなぎ、最後は紀伊遼平(営3=桐蔭学園)が紫紺初トライを決めた。

「BKの2人が外の状況を見ていて、いいリアクションをしてくれた」(紀伊)。明大は前半で4トライ3ゴールを決め、26-3で前半を折り返す。

後半に入ると、明大が早々に得点を決める。廣瀬のキックから生まれた敵陣22mラインのラインアウトからモールで押し込み、最後は紀伊がトライ。

直後の後半5分、右FL(フランカー)石浦大貴(政経2=報徳学園)がゴールライン前のラックからパスを受け、対抗戦初出場にしてトライを決めた。「コミュニケーションをしっかりと取れていた」(石浦)。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ