人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月14日

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ、江戸川区との連携と新ユニフォームを発表。ジャパンラグビー リーグワン

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

新リーグの初代王者を目指すスピアーズ

10月13日(火)、1月から開幕する「ジャパンラグビー リーグワン」のDivision.1に所属する「クボタスピアーズ船橋・東京ベイ」が方針発表会見を行った。会場はホストスタジアムの1つである東京・江戸川区陸上競技場にて行われた。

ラグビー日本代表テストマッチ2021

方針発表会見は2部制で行われた。1部の冒頭でクボタのラグビー部長の木村一尋氏が「2021年のトップリーグでは、過去最高成績の3位を収めることができました」。

「1月7日に開幕する『リーグワン』では『Proud Billboard ~強く、愛されるチームを目指し、すべてのステークホルダーの誇りの広告塔になる~』というビジョンを掲げて、プロ的な運営でホストエリアの活性化に貢献しながら、スピアーズがいてよかったという存在になりたい」と挨拶した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

さらにクボタスピアーズ船橋・東京ベイは、昨年9月に連携協定を結んでいた江戸川区と、さらに「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」を結ぶことが発表された。

江戸川区とスピアーズは今後、ラグビーの体験イベントだけでなく、子ども食堂へ選手の派遣ふれあいイベント、練習見学会、食品ロス削減に向けた取り組みなど、SDGsの活動を連携して行っていく。

左からルディケHC、石川GM、木村部長 中央右が斉藤区長

ラグビー経験者だという江戸川区の斉藤猛区長は、「2019年ワールドカップ時にご協力いただいてから、連携を取らせていただき、地域貢献で様々な形でお力添えをいただいている」。

「今月からは青少年の育成のため、地元の小中学校でタグラグビーの指導もしてもらっています。昨季、江戸川区陸上競技場でのホストゲームは3戦、すべて勝っている。不敗神話を続けていただいて優勝に向かっていただきたい。また、スピアーズさんと強力なスクラムを組んで、ラグビー普及、SDGsの推進を進めていきたい」と話した。

現在、江戸川区陸上競技場は臨時のスタンドを入れても収容人数は8000人ほど。リーグワンのDivision.1のクラブには、2025年から2028年のフェーズ2では、ホストスタジアムの条件に1万5000人の収容スタジアムを課す予定である。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ