人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月12日

【ハイライト動画あり】帝京大学、新たな戦い方を試しながらも立教大学を圧倒。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

立教大学を圧倒、相手を振り切るミティエリ

9月25日、ラグビー関東大学対抗戦の第2戦では、52-0で青山学院大学に勝利した帝京大学。第3戦は10月10日、帝京大学百草グラウンドで、昨年は106-7の大差で勝利している立教大学と対戦した。

今回の帝京大の先発メンバーは前回からFW(フォワード)2人、BK(バックス)1人の計3人がチェンジ。HO(フッカー)に福井翔(3年=東福岡)、PR(プロップ)に細木康太郎主将(4年=桐蔭学園)、CTB(センター)には五島源(1年=尾道)が起用された。

J SPORTS オンデマンド番組情報

試合が始まってからは帝京大が有利に勝負を進めたが、点数がなかなか入らない。このまま膠着状態が続くかと思われたが、前半12分、スクラムからターンオーバー。左に展開しSO(スタンドオフ)高本幹也(3年=大阪桐蔭)がそのままトライし先制点。さらに高本はゴールキックも決めて追加点を入れ、チームに勢いを付けた。

26分にトライを決めた細木主将

16分、次はWTB(ウィング)白國亮大(4年=大阪府立摂津)が独走トライ。さらに、21分にはNO8(ナンバーエイト)奥井章仁(2年=大阪桐蔭)、26分には細木がトライを次々と決めて、点差を広げていく。そして34分、41分にはスクラムトライで前半を36-0で折り返す。

J SPORTS オンデマンド番組情報

後半は前半とは違い、完全に帝京大のペースで進んでいく。パスをもらった奥井が前進し、SH(スクラムハーフ)李錦寿(1年=大阪朝鮮)にパス。そこからFB(フルバック)二村莞司(3年=京都成章)が福井に繋いでトライ。その後もラインアウトからモール形成など福井が計4つのトライを決めた。

さらに24分、34分、39分には相手を振りって15m走り抜けるなどして二村がトライ。38分にはミティエリ・ツイナカウヴァドラ(3年=セントジョセフカレッジ)がラインアウトの後、パスを受けそのまま相手を振り切りトライ。

43分にはスクラムトライを決め、103-0でノーサイド。立教大を0点で抑え込んで圧勝という結果で終わった。今試合のプレイヤー・オブ・ザ・マッチにはFL(フランカー)山添圭祐(3年=長崎北陽台)が選出された。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ