人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月27日

【ハイライト動画あり】帝京大学、期待のルーキー3人が初先発。青山学院大学を破り連勝。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

先制トライを挙げる奥井

筑波大学との初戦を17-7で勝ち切った帝京大学。9月25日(土)、昨年の対抗戦では122-0と大差で快勝している青山学院大学を相手に、上柚木公園陸上競技場にて第2戦を戦った。

帝京大の先発メンバーは前戦から、FW(フォワード)3人、BK(バックス)1人が変更。LO(ロック)に本橋拓馬(1年=京都成章)、FL(フランカー)に青木恵斗(1年=桐蔭学園)、SH(スクラムハーフ)に李錦寿(1年=大阪朝鮮)と3人の期待のルーキーを初先発で起用。PR(プロップ)上杉太郎(2年=熊本西)がスタメンを任された。このうち本橋が対抗戦初トライを決めた。

ラグビー 関東大学対抗戦

キックオフ直後から帝京大ペースで試合が進み、相手陣内の高い位置からプレッシャーをかける。前半5分、早くも試合が動く。ゴール前スクラムを押し切ってそのままインゴールに。NO8(ナンバーエイト)奥井章仁(2年=大阪桐蔭)が飛び込み先制トライ。5-0と幸先よく先制点を挙げる。

その後は相手の果敢な攻めと、粘り強い守備の前になかなか好機を作れず、攻めあぐねる時間帯が続くが、相手の厳しい「低いタックル」にも動じずに果敢に攻め続ける。

対抗戦デビューで初トライとなった本橋

すると25分、連続攻撃で敵陣インゴールに迫ると、ラックサイドに走り込んだ本橋がラインブレークしてトライ。対抗戦デビューで初トライとなった。見事な連係プレーから生まれた得点だった。

33分、勢いに乗った帝京大は左サイドのラインアウトからモールを形成し押し込んで上杉がトライ。続いて36分、右サイドのラインアウトからモールを形成し、再び押し込む。上杉が連続トライを決めるなど得点を重ね、前半を26-0で折り返す。

J SPORTS オンデマンド番組情報

後半初めの10分ほどは、両チームにチャンスがある状況が続く。8分、帝京大は右サイドのラインアウトからモールを押し込む。HO(フッカー)江良颯(2年=大阪桐蔭)がトライを決め、チャンスをものにする。18分、パスの回数を少なくしシンプルに攻める。青木が中央を強引に突破してゲイン。最後は江良がパスを受け、押し込んでさらにトライを決める。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ