人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年8月2日

【ハイライト動画あり】南アフリカが第2戦でB&Iライオンズ撃破!勝負は最終第3戦で決着へ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

両軍の闘志、高い集中力はビッグプレーも生んだ。

先週から先発3人を変更した南アフリカは、新型コロナウイルス感染を乗り越えて出場を果たしているFLシヤ・コリシ主将が魅せた。

お互いに2PGを決めて6-6だった前半35分、猛攻をしかけるB&Iライオンズが、アドバンテージ状態でインゴールへキック。

あわやトライだったが、FLコリシ主将が腕を回して執念のトライ・セービング。直前の反則でSOダン・ビガーに3点を追加されたものの、ビッグプレーで士気を高めた。

B&Iライオンズの3点リード(9-6)で迎えた後半は、好勝負から一転、南アフリカが流れを掴んだ。

「私たちは後半のモメンタム(勢い)がなく、効果的な攻撃の機会もありませんでした」(B&IライオンズガットランドHC)

劣勢の大きな要因は、安定性を失ったセットプレー。

後半の南アフリカは同2分のスクラムでペナルティを奪取するなど、スクラム戦の優勢を明確に。

B&Iライオンズはラインアウトでは鮮やかなスティールもあったが、モールの守備で反則を重ねてしまう。反則から自陣へ下がるパターンを繰り返すB&Iライオンズは、後半のボール保持率が前半の61%から36%に急落。1試合を通したペナルティは15回(南アフリカは10回)を数えた。

勢いに乗った南アフリカは、ハーフ団の足技も光った。

南アフリカは後半4分、SOハンドレ・ポラードが絶妙な位置にクロスキックを落とし、WTBマカゾレ・マピンピのトライを演出。

ゴールは決まらずリードは2点差(11-9)に留まったが、6人のFWをリザーブに置く威力絶大の「ボム(爆弾)スコッド」から5人が投入されていた後半20分、今度は金髪のファイターが魅せる。

FW戦に勝機を見出した南アフリカは、力強くラインアウトモールで前進すると、SHフランソワ・デクラークが、インゴールへ針の穴を通すようなグラバーキック。

走り込んだCTBルカンヨ・アムが、間一髪でグランディング成功。ゴールも成功して9点リードを確保すると、ここからボム・スコッドがさらに威力を発揮する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ