人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月4日

【ハイライト動画あり】南アフリカツアー初戦の「ライオンズ対決」に快勝。ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

だが、ここから一気にB&Iライオンズのリズムで試合は進む。14分、SOフィン・ラッセル(スコットランド)のクロスキックをキャッチしたWTBアダムズがトライ。35-14突き放す。

さらに26分に途中出場のSHガレス・デーヴィス(ウェールズ)、29分、32分のWTBアダムズのトライで、結局8トライを積み重ねたB&Iライオンズが56-14で快勝した。

ファンが選ぶこの試合のMVPには、4トライを挙げてハットトリックを達成したWTBアダムズ、テレビ投票によるMVPにはFLワトソンが選出された。

FLワトソンは、「(初めてのB&Iライオンズとして)試合に出られて嬉しい。しかし、まだまだ課題はある。今日の試合でもいくつか雑になった部分があった。前半はフォジカルを試された」と語った。

WTBアダムズは「1人や2人のディフェンスならそれを引きずって進む。4トライも勝つこともできて嬉しい。まだ改善しないといけない点もあるが、チームとしての質も見せることができたと思う」と振り返った。

南アフリカツアーの初戦を白星で飾ったB&IライオンズのガットランドHCは「まだ取り組むべきことがあるが、勝ったことはポジティブなことだ。チームとして時間を重ねるにつれ、どんどんよくなっている。まだまだ100%にはいかないが、徐々にそこに到達できると感じている」と評価した。

さらに指揮官は「明日(日曜)はトレーニングを休み、そして次の試合のメンバー発表がある。そして火曜日にはキャプテンズランと、非常に短い間隔で試合をしていかねばならない。最初の3試合で全ての選手を先発させるつもりだ」と次の試合を見据えた。

また、ジョージア代表に40-9で快勝した南アフリカ代表の試合を見た感想について「長い間テストマッチを行っていなかったせいか、明らかに精度が低く、ラインアウトと個のランで勝った印象だが、それは驚くべきことではない」。

「彼らも我々と同じように時間を重ねるにつれてチームとしてコンビネーションも上がり、レベルアップしていくだろう」と分析した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ