人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月21日

スピアーズの大黒柱。立川理道キャプテンが語る好調クボタ、天理大初優勝、ルーキー藤原忍etc.

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

■天理大の初優勝は点差に驚き。後輩ルーキー・藤原忍の印象は?

──そして母校・天理大学が2021年1月11日(月祝)、早稲田大学を破り、悲願の大学日本一を成し遂げました。決勝戦はどこで観ていましたか?

実はちょうどトップリーグ開幕週で、あの日は週初めの練習とかぶってしまっていました。チームとして大事な練習だったんですが、ソワソワしながら練習に行っていました(笑)。

早稲田卒の選手とは「ロースコアになるんじゃないか」「3点差、5点差くらいになるだろう」と話していたんですが、練習が終わった後に結果を知って、まず点差(55-28)を聞いて驚きました!そんなに圧倒したのかと。

映像を観ましたが、本当にアッパレというか、80分間早稲田の良さを出させない、天理らしいラグビーをしていましたね。

──そして今年、クボタに天理大の優勝メンバーであるSH藤原忍選手が入団し、トップリーグ出場も果たしました。

本当にパスワークが速くて正確ですね。自分でもボールを持っていけるスピードもあって、そこは一緒に練習をしていてもトップリーグで通用する部分だと感じました。あとは状況判断、試合の読み、経験を積んでいけば、本当に良い選手になっていくと思います。

──主将でもあり、スタンドオフとしての経験も豊富ですが、何かアドバイスをしたことは?

特にはないですね。ただ少し遠慮している部分があったので、「自分が思ったようにやればいいよ」と声を掛けたりしたくらいです。周囲が少し気遣いするだけで若手は変わると思うので。性格的には裏表がないタイプだと思います。

■クボタは「勝つ文化を創り上げてきている」

──では、あらためて今シーズンのご自身の目標を教えてください。

チームとしても、個人としても、一戦ずつ戦っていくことが大事だと思っています。ここまで良い結果を残していますし、勝つ文化を創り上げてきていると思います。先の事を考えすぎず、プロセスを信じていきながら、大事に戦っていきたいと思います。

J SPORTS 放送情報

──最後に、頼もしい立川選手ですが、ご自身が感じている自身の弱みを挙げるとすると?

なんでしょうね、たぶん、後輩に勝手に怖がられているということはあるかもしれません(笑)。僕も距離を詰めていくのが上手いタイプではないので、時間が掛かったりはします。シャイっぽいところは直したいですね。

──後輩はもっとグイグイいっていい、ということですか?

そうですね。きてもらえると嬉しいです(笑)。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ