人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月22日

多士済々のサントリーが大勝スタート。三菱重工相模原を下す。トップリーグ2021開幕節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

2月20日(土)に開幕したラグビー国内最高峰「トップリーグ2021」。

神奈川・相模原ギオンスタジアムでは、6度目の頂点を目指すサントリーを、三菱重工相模原が迎え撃った。

J SPORTS オンデマンド番組情報

ボーデン・バレット

焦点はやはり現役ニュージーランド(NZ)代表のSO/FB、サントリーの10番ボーデン・バレット

19年W杯日本代表のサントリー主将であるCTB中村亮土、前主将のSH流大とのコンビネーションも見どころとなったが、最高峰のプレーを期待するファンの期待を裏切らなかった。

サントリーは序盤から快調だった。

相手の反則から敵陣右に侵入し、FW陣がモールで前進。さらにCTB中村主将が内へ切れ込むと、最後はオーストラリア代表のCTBサム・ケレビがラック中央を突破して先制トライ。

センターコンビが自在に躍動し、SOバレットがコンバージョンを決めてトップリーグ初得点。7点を先取した。

すると直後に16、17年の世界最優秀選手、SOバレットが魅せた。

ボールを受けるとステップを受けて突進&オフロードパス。CTB中村の突破を演出し、さらにSH流へとパスが繋がり連続トライ。3人の19年W杯代表による連携が光り、14-0とリードを拡げた。

サントリーのCTB中村主将は、SOバレットについて「10番としてしっかりゲームをコントロールしてくれる。ランナーとしても優秀」と賞賛。

さらにスタンドオフ経験も豊富なCTB中村主将は「ボーディー(SOバレット)にプレッシャーが掛かっていると思うので、そこをサポートしながらやっていきたい」とコメントした。

前半11分、ホームの三菱重工相模原も反撃に転じる。

NZ代表21キャップのSOコリン・スレイド、チーム15年目のSH西舘健太という経験豊富なハーフ団が攻撃を率いる三菱重工相模原は、敵陣に侵入するとサンウルブズで18年から2季プレーしたCTBマイケル・リトルが左隅を突破。

相手CTBケレビを振り切って独力でチーム初トライを挙げると、SOスレイドも左隅からのコンバージョンを成功。7点を返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ