人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月19日

連覇を狙う神戸製鋼コベルコスティーラーズ、 初戦は花園でNECグリーンロケッツを迎え撃つ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

2月20日(土)に開幕するトップリーグ2021は、21日(日)との2日間で全8試合が行われる。2年越しの連覇を狙う神戸製鋼コベルコスティーラーズは、東大阪市花園ラグビー場でNECグリーンロケッツと戦う。2020年のトップリーグは第6節を消化したところで中止、不成立となった。神戸製鋼は開幕から6連勝、NECは6連敗だった。両者の直接対決はなかったが、戦績は明と暗だ。神戸製鋼の2018-19シーズンは、1試合の引き分けがあったものの無敗で頂点に上り詰め、昨年も一度も負けなかった。今年も無敗街道の好スタートを切るのか、それともNECがチーム力を立て直して王者を苦しめるのか。

神戸製鋼のウェイン・スミス総監督は、昨季の中止が決まったとき選手たちに言ったそうだ。「連覇の道のりが絶たれたわけではない。また、次のシーズン、新たなレガシーを作ろう」。公式ウェブサイトのインタビューでは「日本のラグビー界を牽引する存在でありたい。リスクを犯しながらもグラウンドのどの位置からでもプレーするアタッキングラグビーを成長させていき、今シーズンも観客を魅了したい」と語っている。グラウンドを幅広く使ってボールを動かし続けるスタイルは今年も変わらず、さらに進化した姿を見せてくれそうだ。

神戸製鋼スターティングメンバー

2月18日、キックオフの48時間前に発表された登録メンバーには楽しみな選手がずらりと並んだ。新加入のユーティリティーBKベン・スミス(ニュージーランド代表84キャップ)がWTBで先発。山下楽平、山中亮平とバックスリーを構成する。スミスの動きからは目が離せない。共同キャプテンの一人、SH日和佐篤は怪我のため大事をとって出場せず、昨季は出場のなかった徳田健太が9番を背負う。HBコンビを組むSOは正確無比のプレースキッカーであるヘイデン・パーカー。リチャード・バックマン、ラファエレ ティモシーという突破力、パススキルに優れたCTBコンビがチャンスを作る。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ