人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月1日

徳永祥尭は、ブレイクダウンで魅せる 東芝ブレイブルーパスは仲間のために戦う

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

インタビュー動画

徳永祥尭選手インタビュー|ラグビー トップリーグ2021 東芝ブレイブルーパス

──トッド・ブラックアダーヘッドコーチは就任2年目です。彼は東芝にどんな影響を与えていますか。
「チームの文化を大事にしてくれています。彼はスーパーラグビーの常勝軍団クルセイダーズのヘッドコーチをしていました。ずっと勝っていたチームなのに、彼がヘッドコーチのときは勝てなかった。そのときどんなチームだったといえば『選手が代表(オールブラックス)のために活動していた。クルセイダーズのために誰一人活動していなかった。そうなったらダメなんだ』と、自分の経験を伝えてくれました。『強いチームは、自分のチームを愛しているし、仲間のために体を張れる選手が数多くいる』と言っています。彼は今、これからの東芝の基礎を作ってくれていると感じます」

──トレーニングは、短時間で強度が高いようですね。
「そうです。でも、一歩先のことを求められていると思います。短時間の代わりに、自主練習の時間をたくさん取ってくれています。選手同士で足りないことを言い合って、チーム全体をレベルアップさせることを求めていると思います。僕はそう受け取って、同じポジションの選手と集まってトレーニングするようにしています」

──ブラックアダーさんは、FW第三列の選手でしたが、アドバイスはしてくれますか。
「ジャッカルはよく教えてくれますね」

──では、ジャッカルは上達しているのですね。
「そうですね(笑)。そこは、トップリーグで見てください」

──今シーズンは、小川高廣選手との共同キャプテンです。役割分担はしているのですか。
「僕はしゃべるのが上手くないので、高さんが基本的にしゃべって、僕が気付いたことを補足しています。FWはまとめていますが、東芝はFWに(大学での)キャプテン経験者が多いんです。藤田貴大(FL/東海大)、橋本大吾(HO/筑波大)たちがリードしてくれて、ほとんど僕が言うことはないです。リーチさんもチームが上手くいっていないときに声を出してくれて、声のかけ方は勉強になります」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ