人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月22日

100回目の花園も将来のスター候補がずらり 注目選手をピックアップ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

12月27日より、100回目を迎える全国高等学校ラグビーフットボール大会が始まる。コロナ禍で無観客での開催となったが、東大阪市花園ラグビー場には史上最多の63校が集う。優勝争いは混とんとしているが、本コラムでは初出場のチームも含めて、注目選手をピックアップしてみたい。2019年のラグビーワールドカップ日本大会で活躍した日本代表メンバーにも、稲垣啓太(新潟工業)、坂手淳史(京都成章)、姫野和樹(春日丘)、リーチ マイケル(札幌山の手)、松田力也(伏見工業)、福岡堅樹(福岡)、松島幸太朗(桐蔭学園)、山中亮平(東海大仰星)ら、花園で印象的な活躍をした選手が多数含まれていた。今年はどんな選手がラグビーファンに強烈な印象を残すのだろうか。

佐藤健次(桐蔭学園)

昨年度の王者・桐蔭学園(神奈川県)でチームの軸になっているのは、LO青木恵斗(あおき・けいと 3年)、NO8佐藤健次キャプテン(さとう・けんじ 3年)だ。前大会の優勝メンバーでもあり、佐藤は横浜ラグビースクール時代から規格外の突進力で全国的に知られていた。高校でも1年生から花園で観客を驚かせ、今年はキャプテンの重責を背負って戦う。さらに激しいプレーを見せてくれるだろう。青木恵斗は、佐藤より一回り大きなサイズ(187cm、107kg)でパワフルに突進し、オフロードパスなど柔軟なプレーで魅せる。神奈川県予選の決勝では東海大相模と接戦となったが、後半21分、PKから単独で突進してチャンスを作り、決勝トライをあげた。2人とも2019年のU17日本代表でもあり、桐蔭学園の試合ではこの2選手から目が離せない。

春の近畿大会を制し、97回大会以来の優勝を狙う東海大大阪仰星には、俊足WTB大畑亮太(おおはた・りょうた 3年)がいる。大きく弧を描くランニングでタックラーをかわし、タッチライン際を駆け抜ける姿は美しい。ちなみに、テストマッチのトライ数の世界記録を持つ大畑大介さんの息子さんではない。4大会ぶりの優勝を狙う東福岡にもトライゲッターWTB坂本公平(さかもと・こうへい 3年)がいる。50m6秒フラットのスピードと、体の芯がぶれない力強さは魅力だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ