人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月27日

オールブラックスに試練の刻。22年ぶりの3連敗阻止へアルゼンチンと再戦!トライネーションズ2020第5戦

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

世界に勇名を馳せるラグビー界の常勝軍団、ニュージーランド(NZ)代表“オールブラックス”が、試練の刻を迎えている。

10月31日(土)に開幕した全6戦の南半球3か国対抗戦「トライネーションズ2020」は第5戦。

1勝2敗のオールブラックスは11月28日(土)、オーストラリア東海岸のニューカッスル(マクドナルド・ジョーンズ・スタジアム)で、第3戦で黒星を喫した1勝1分けのアルゼンチン代表とふたたび相まみえる。

オールブラックスは通算勝率が8割に迫る常勝軍団。世界ランキングでは2009年11月から、約10年間もの長きにわたり1位に君臨していた。

しかし本稿執筆時点(11月27日)で世界ランクは3位にまで後退している。

オールブラックスは大会初戦こそオーストラリアに43-5で大勝したが、第2戦では22-24とオーストラリアに競り負けた。

そして第3戦でアルゼンチンに15-25に歴史的敗戦。

“ロス・プーマス”の愛称を持つアルゼンチンは1985年の初対戦から30度目の挑戦でNZから勝利を奪い、指揮官の元代表HO、マリオ・レデスマHC(ヘッドコーチ)は試合後のインタビューで「信じられない」「選手を誇りに思う」と涙を拭った。

オールブラックスにとってテストマッチの2連敗は、実に2011年以来9年ぶり。当然ながらと言うべきか、熱狂的な一部のオールブラックス・ファンはイアン・フォスターHCらの指導力に疑問符をつけた。

こうしたファンの反応に対し、NZ代表のFLサム・ケイン主将が「私たちも残念に思っている」と理解を示しつつ「僕らには素晴らしいファンがいるが、中にはきつい意見を言う人もいる」などとコメントしたことで、現地報道・論争はヒートアップ気味だ。

2連敗でこの騒ぎなのだから、これが3連敗となれば一体どうなるのか。オールブラックスにとってテストマッチ3連敗は1998年以来22年ぶり、今世紀では初めてという屈辱だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ