人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月15日

悲願の初出場となった川越東と、2度目の昌平が花園へ。ラグビー全国高校大会埼玉県予選決勝

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

花園初出場の川越東

最後の場面を振り返ってNO8渡邉は「モールが倒れた瞬間、パイルアップを狙うしかないと意志の統一ができていた」と胸を張った。

望月雅之監督は「(決勝で負けた)昨年の悔しさ味わった生徒たちが何人もいるので、この悔しさは決勝で晴らすしかないぞと話して送り出して、しっかり勝ってくれて嬉しい。(最後の場面で)深谷さんが強力でモール作ってきて、私は一瞬諦めたのですが、生徒の方が本当しっかりと戦ってくれた」と目を赤くした。

川越東のキャプテン江田

キャプテンWTB江田優太(3年)は「15人が一体となって1人1人が諦めずに最後までタックル入ったのが結果につながった。花園では年越ししたい。江田優太と川越東の名を全国にとどろかせるようなプレーをしたい!」と意気込んだ。

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ