人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月1日

同志社大学、ディフェンスの徹底強化で覇権奪還を目指す。ラグビー関西大学リーグチーム紹介

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

5年ぶりの関西制覇を狙う同志社

待望のラグビー関西大学Aリーグが、幕開けする。昨季は3年振りに大学選手権の舞台へ戻るも、筑波大学に31点差をつけられ大敗。聖地・花園で涙を飲む結果となった。

今年度は「Blaze Up」をスローガンに設定。主将・FL(フランカー)中尾泰星(4年)、副将のPR(プロップ)栗原勘之(4年)とSH(スクラムハーフ)人羅奎太郎(4年)の3人を中心に、チーム一丸となって1984年以来の日本一奪還を目指す。

10月に行われた交流試合最終戦では、昨秋苦戦した近畿大学と対峙(たいじ)し、5トライ差をつけ圧勝。貴重な3戦全てを白星で消化し、確かな手応えをつかんだ。

相手ディフェンスを抜き去る中尾

前に出るアグレッシブなディフェンスが魅力の第110代。中尾主将は「サイズがない中で、飛び抜けたプレイヤーもいないので、組織での強いディフェンスから勝っていく」と今年のチームカラーについて語る。

今年になってメンバー構成が大きく変わり、戦い方を変える必要があった。関東の大学や天理大学のように、1人で突破できる選手は少ない。だからこそ、粘り強い守備の中で得たチャンスを確実にトライへつなげたい。

FW(フォワード)には昨年ジュニアリーグで躍動した選手が集まった。最前線でスクラムをけん引するのは、HO(フッカー)谷本卯楽(3年)を中心に、副将のPR(プロップ)栗原、山本敦輝(1年)の3人だ。また、PR文祐徹(4年)や李優河(2年)、長いケガから復帰した真山文一(4年)の活躍にも期待がかかる。

ラインアウトではLO(ロック)小菅由一郎(3年)、LO南光希(3年)ら花園を盛り上げた2人が空中戦を司る。相手の猛攻を阻止するのは、ひたむきな姿勢でチームを統率する主将のFL中尾だ。

加えて、巧みなジャッカルの使い手FL田中晴大郎(4年)やボールキャリーが光るFL梁本旺義(2年)の活躍ぶりにも目が離せない。そして、NO8(ナンバーエイト)大熊陽介(4年)がFWの司令塔を担う。鍛え上げた強じんな肉体で、相手ディフェンスをなぎ倒す。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ