人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月6日

【ハイライト動画あり】学生王者・早大は苦しい白星発進 青学大の気迫あふれるタックルに一時5点差に迫られる

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

関東大学対抗戦A 早稲田大学 vs. 青山学院大学

関東大学対抗戦Aは、10月4日(日)、秩父宮ラグビー場で開幕。第2試合に登場した学生王者・早大は青学大の気迫あふれるタックルに苦しみ、後半18分の時点で5点差に迫られる苦しい戦いになった。

コロナ禍での入場制限もあるなか、観客は4,260人。午後2時、三井健太レフリーのホイッスルで試合は始まった。開始3分、早大はラインアウトからのサインプレーでSO吉村紘のタイミングの良いパスを受けたWTB古賀由教が抜け出し、サポートしたFL田中智幸がトライ。吉村がゴールを決めて7-0と先制する。しかし、これ以降は、青学大の激しく前に出るプレッシャーにミス、反則を連発。「一人では止められないのでダブルタックル、2人目の寄りを早くすることを心掛けた」(青学大・大友孝芳監督)という言葉通り、早大の突破役の選手に対し、SO桑田宗一郎、FL中谷玲於のダブルタックルなどで押し返し、早大の連続攻撃を寸断した。

早大の2つ目のトライは前半27分だった。青学大ゴール前の密集からPR小林賢太がインゴール左中間に体をねじ込んだ。直後、自陣22mライン内から攻めた早大は、吉村のフラットなパスに小林が走り込んでディフェンスラインを破ると、一気に相手陣まで突進。SH小西泰聖がつないで、最後は古賀がインゴールに駆け込んだ。スコアは、19-0。昨年の対戦では、92-0で早大が勝っている。青学大の健闘もここまでかと思われたが、この日の青学大は昨年とはまったく違った。

ディフェンスで粘り、35分、WTB衣笠竜世が早大SH小西のパスをインターセプトして約80mを走り切る。このトライは、早大から3シーズンぶりの得点だった。前半終了間際には、正確なプレースキッカーであるSO桑田のPGで、19-10として前半を終了。後半開始早々には、青学大BKのキーマンであるCTB河部周次がディフェンスを突破し、早大のハイタックルを誘う。桑田がこのPGを決めて、19-13と迫った。後半8分、早大FB南徹哉のカウンターアタックでディフェンスを破られ、WTB槇瑛人にトライを奪われたが、それでも青学大はあきらめずにディフェンスで前に出続けた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ