人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月1日

ワールドカップ王者・南アフリカが始動。代表選考試合「スプリングボク・ショーダウン」を開催

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

CTB(センター)は東芝でもプレーし、2011年、2019年のワールドカップに出場したベテレンのフランソワ・ステイン(シャークス)と、22歳のワンディジル・シメラネ、WTB(ウィング)はマルコム・ヤール(チータース)とヨウ・ペンセ(キングス)、そしてFB(フルバック)には22歳のジャンニ・ロンバールド(ライオンズ)が入った。

LO/FLのオウパ・モホジェ(チータース)が新型コロナウィルス陽性となってしまい、チームメイトでベテランのPRトレバー・ニャカネが濃厚接触者として欠場し、20歳のCTBムノンボ・ツヴェレンダバも臀部のケガでメンバーから外れた。

スティックHCは、「若手とベテランのバランスの取れたチームになった。コリシ、フェルミューレン、ヤンチース、ステインといったワールドカップを経験した選手と、ジュニアレベルで活躍し今後が期待される選手たちが同じ試合に出られるのは素晴らしい機会だ」と声を弾ませた。

一方の「ゴールド」チームは、キングスのヘッドコーチを務めるデオン・ダーヴィッツが指揮官となり、スプリングボクスの新しいヘッドコーチであるジャック・ニーナバーがチームコミッショナーに就いた。

FWの先発メンバーは、昨年のワールドカップの「ボム・スコッド」(控えから勢いを与えるFW選手たち)のひとり、PRスティーブン・キッツホフ(ストーマーズ)と、イングランドのグロスターでプレーしていたルアン・ドライヤー、そしてHOにはスカラ・ヌトゥベニ(ストーマーズ)が入った。

LOは22歳のサルマーン・モエラ(ストーマーズ)と代表経験もあるマーヴィン・オリー(ライオンズ)が務める。FLがやはりスプリングボクスのキャップを持つマルコ・ファン・ステーデン(ブルズ)とニザーム・カー(ブルズ)、NO8にも代表8キャップのシクブンゾ・ノーチェ(ストーマーズ)と実績のある選手が顔を揃えた。

BKは、昨年のスーパーラグビーでブレイクして代表入りしたSHハーシェル・ヤンチース(ストーマーズ)、そして去年はイングランドのサラセンズでもプレーし、ワールドカップに追加招集されたSOダミアン・ウィレムセの若いハーフ団がチームの中軸となる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ