人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年8月13日

多国籍軍団VS.エリート軍団。好対照の魅力を持つ2チームが激突。スーパーラグビーAU「フォース×ワラターズ」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ワラターズは新星に要注目だ。

19歳のPRアンガス・ベルは、192センチ110キロ弱の大型プロップ。

オーストラリア代表キャップこそないが、高校代表、U20代表は経験済みだ。

ボールキャリアーとしても非凡であり、スクラムの経験を積みながら順調に成長すればワラビーズのデビューはそう遠くないのではないか。

オーストラリアの国内チーム、ニューサウスウェールズ・カントリー・イーグルスで指導したロス・テイラーは、何よりベルの人間性を評価している。

「私達(カントリー・イーグルス)は2019年にニュージーランドのハイランダーズクルセイダーズの下部チームと試合をしましたが、私達は優秀なメンバーが多いので彼(ベル)を2試合目のメンバーから外しました」

「すると彼は翌朝、一人でロードワークに出掛けていました。彼は肉体的な強みでなく、知識に飢えており、学び、成長しようとする精神を持っているのです」

現在は先発にオーストラリア代表24キャップのPRトム・ロバートソンがおり、今週もリザーブスタートとなるが、将来の主軸候補であることは間違いない。

またディフェンス突破回数でリーグ1位タイ(18回)の22歳、ウイング(WTB)で先発するジェームズ・ラムも要注目。

ワラターズはWTBラムの活躍を受け、2022年までの2年契約を締結した。大きな期待を寄せている。

一方のフォースはベテランに注目したい。

35歳になった東芝のCTBリチャード・カフイだ。

元ニュージーランド代表で東芝8年目のカフイは、コロナ禍により生まれたスーパーラグビーAUに電撃参戦。

短期契約で挑むリーグでは、第4節ブランビーズ戦に途中出場し、フォースでの初キャップを獲得。今週のワラターズ戦では2試合連続で先発を飾る。

攻守に機能するスキルフルな働き者であり、東芝では稀代のリーダーとしてチームを牽引してきた。オーストラリアで新たな挑戦をしている「東芝のカフイ」に声援を送りたい。

またフォースでは、サモア代表のFLヘンリー・ストワーズが出色の働きを見せている。

身長190センチとサイズもある25歳は、タックル・ウォン(TACKLES WON)がリーグ1位の71回。

ボールキャリアーとしてもパワフルであり、今後の飛躍が見逃せない存在となっている。

見どころの多い「フォース×ワラターズ」は、金曜日の夕方にキックオフ。8月14日(金) 午後5:55からJ SPORTS 1で生放送、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。


文:多羅正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ