人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年3月16日

【ハイライト動画あり】サンウルブズ、王者・クルセイダーズに力負け。スーパーラグビー中断で遠征から帰国へ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ホーム扱いのサンウルブズは試合開始序盤、自分たちの反則などもあり、クルセイダーズに攻め込まれ、自陣での防戦が続く。それでも粘り強く戦うサンウルブズは相手のノックオンを誘い、ゴールラインを割らすことはなかった。

19分、クルセイダーズはキックカウンターを起点とした攻撃から、ラック後にFBブリッジがオフロードパスでCTBダラス・マクロードにつないで、最後は左サイドライン際にいたFLトム・クリスティーがトライ。

SOブレッド・キャメロンがゴールを決め、クルセイダーズが7点を先制する。対するサンウルブズは前半30分過ぎ、相手のペナルティから敵陣に攻め込み、チャンスをつかむ。

相手がミスしたボールをHOエフィ・マアフが持ち込みラックを形成後、この試合が初先発となったLOハインが左中間にねじ込みトライ。SOガース・エイプリルのゴールも決まって7-7の同点に追いつく。

だが、王者のクルセイダーズもすぐに反撃。36分、WTBレスター・ファインガアヌクが抜けだし、チャンスメイクすると、最後はWTBリースがインゴールを陥れ、サンウルブズは7-14と再びリードされてしまった。

サンウルブズは前半ラストプレーで、相手ゴール前でモールを組んで押し込むが、惜しくもトライならず、そのまま7-14で前半を折り返した。

後半、7点ビハインドのサンウルブズは、何としても先に得点を取りたかった。しかし2分、再びキックカウンターから攻め込まれて、相手のLOルーク・ロマノにトライを許して7-21とされる。

それでも粘るサンウルブズは14分、ラインアウトからのアタックでボールを継続して、SHルディ・ペイジのパスからSOエイプリルが中央突破し、そのままトライ。ゴールも決めて14-21と再び、7点差に追いつく。

だが、残り20分強、遠征が続いているサンウルブズには、王者をこれ以上追い詰めるパワーは残されていなかった。

17分には再びキックカウンターからWTBリースに、23分にはオフロードパスをつながれてFLシオネ・ハヴィリにトライを奪われ、一気に、14-35と点差を広げられてしまった。

ただ、残り10分強ほどクルセイダーズの規律が一気に乱れる。27分、入ったばかりのクルセイダーズでのデビュー戦だったHOフュー・ローチが、肘をPRヘンカス・ファン・ヴィックの頭に当てる危険なプレーでレッドカードの一発退場。

さらに29分、故意のノックオンによりWTBリースがイエローカードとなりシンビン(10分間の一時的退場)となり、サンウルブズは15人対13人と2人も数的に多い有利な状況となった。

しかし、絶好の機会にサンウルブズはアタックを仕掛けるものの、焦りや疲れからかミスをし、そのボールを逆にクルセイダーズがうまく活かされて、36分、WTBブレンドン・エノーにトライを献上。

ロスタイムにも、途中出場の20歳のSOファーカス・バークにトライを許し、そのまま14-49でノーサイドを迎えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ